フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 2008年12月21日 - 2008年12月27日 | トップページ | 2009年1月4日 - 2009年1月10日 »

2008年12月28日 - 2009年1月3日

2009年1月 3日 (土)

石敢當 発見!

012
「いしがんとう」と読みます。
今まで何百回と通っている道ですが、今まで気が付きませんでした。

日刊ブログ新聞「ぶらっと!」で、秋田県の人が「隠れた秋田名物・石敢當」として紹介されていたのを以前に読みましたので、「オヤッ!こんなところにもある!」と驚きました。

ネットで調べてみますと、石敢闘は沖縄や九州に多くあるそうです。
T字路やY字路などに魔除け、厄除けのために建てられるそうです。

写真の石敢闘が建っていたところは、富田駅の近くの料亭「ぜに喜」の横です。
正月で「ぜに喜」は休みですので、休み明けにこの石のことを聞いてみようと思っています。

2009年1月 2日 (金)

寺小屋発見

0092
元日は、総持寺へお参りに行きました。
例年通り、参拝客で長蛇の列が出来ています。(写真左)

参拝後、境内をウロウロしていますと、「オヤッ!なんだろう?」
昔々、通っていた高校の「校章」が目に入りました。(写真右)
変わった形の校章ですが、大阪府下で四番目にできた旧制中学校なので「四」をデザイン化したものです。

黒い石の上に、「大阪府立茨木高等学校発祥の地」と刻まれています。
長い長い文章が書いてありますので、読んでみますと、「明治28年(1895年)に、ここの総持寺の庫裏で呱々の声を挙げた」と書いてあります。

明治28年は、日清戦争終結の年で、その3年後に学校は現在の地に移ったとも書いてありました。
私の卒業した高校のルーツが寺小屋だったと知って、大変驚きました。

2009年1月 1日 (木)

本年もよろしく!

N
あけましておめでとうございます。
本年も「ボラパソ日記」よろしくお願いします。

不景気の中、今年はどのような年になるか?まったくわかりません。
先日、ラジオで聞いた経済学者の話では、過去アメリカで12ヶ月以上不景気が続いたことはないから、今年の4~5月にはアメリカの景気が回復し、続いて日本の景気もよくなるとのことでした。

この話を信じて、明るい気持ちで新しい一年を過ごしていこうと思っています。
上のヘタな絵は、総持寺の山門です。

2008年12月31日 (水)

今年も大晦日

2
今年も大晦日を迎えました。
本当に、日がたつのは年々早くなっていくようです。

今年一年を振り返りますと、私にとってはチョッと余裕が出来た一年でした。
ボラパソの役目を後進の人たちに引き継いで、激務から解放されました。

今年一年間、このつまらないページを訪問していただいた方々ありがとうございました。
来年も今年同様にこのページに付き合っていただくようお願いします。

では、よいお年を!

2008年12月30日 (火)

テキスト作成中

Act1text
暮れも押しせまって何かと気ぜわしい中、テキストを作っています。
来年早々に依頼講座の講師をしますので、その講座用のテキストの作成中です。

少しレベルアップしたインターネットの講座をしてほしいということですが、どの程度にするか?なかなか難しくって困っています。

丁度、確定申告の始まる前ですので、申告書の作成コーナーの紹介をテキストに入れたのですが、国税庁のページを見ると、まだ平成20年の申告ページが出来ていなくってあわてているところです。
1月上旬提供予定と書いてありますので、講座に間に合うか?合わないか?微妙です。

インターネットのページは、日々更新されていますので、来年のテキストを作るのは難しいですね。coldsweats01

2008年12月29日 (月)

ヘボ講師の反省


パソコンでは同じことをするにも、いろいろの方法があります。
初心者相手の講座では、あれもこれもといろいろの手順を教えると混乱してわけが分からなくなります。

そこで、反省を含めて川柳にしました。
「ヘボ講師 あれもこれもと モリモリだ」

せっかくですから、これを「ポップん笑句」風にしましたが、もう一つうまくできませんでした。
ヘタやなぁ!・・・で笑って下さい。

2008年12月28日 (日)

十日市浄水場

0192
寒い朝、日曜散歩に出かけました。
寒いと思って完全防寒で出かけましたが、快晴で、だんだんポカポカしてきました。
そして汗が出るほどのあったかい陽気になってきました。

河川敷の対岸のむこうに、立派な建物が目に入りました。(上左の写真)
今まで見逃していたのですが、今日は大変気になって、調べに行きました。

しかし、行けども行けどもその建物に近づける道がありません。
狭い農道を自転車で走りますが、農道の横は水路が流れていて、ドボン!といきそうです。

やっと、正門の前に着きました。(上右の写真)
「十日市浄水場」と書いてあります。日曜なので、門は閉まっていました。

こんな小さな川の水を浄水しているのか?と疑問に思って、帰ってからネットで調べますと、地下水を浄水する浄水場のようです。
川の近くは、いい地下水が出るのでしょうか…?

« 2008年12月21日 - 2008年12月27日 | トップページ | 2009年1月4日 - 2009年1月10日 »