フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年5月30日 - 2010年6月5日 »

2010年5月23日 - 2010年5月29日

2010年5月29日 (土)

「カラースケッチも3分」という本

002

家族が買い物中、カフェで「カラースケッチも3分」という本を読みました。(上の写真)
この著者は以前に「スケッチは3分」という本を出しておられて、その続編です。

普通、カラースケッチの場合、色を塗るのは水彩絵の具ですが、この本は色鉛筆を使います。
水彩絵の具の場合、旅行先などで水を調達できないことがあるので、色鉛筆がいいという理由です。

絵具は、色を混ぜていろいろの色を作ることができますが、12色ぐらいの色鉛筆でも、色を塗り重ねていけばどんな色でも出来るそうです。

下左の画像は、いつもの C(シアン) M(マゼンタ) Y(イエロー) の3原色の図ですが、下右の画像は、色鉛筆でも同じような色が作れることを表しています。
0042


2010年5月28日 (金)

iPad本日発売

Ipad


Appleから、「iPad本日発売」と言うメールが来ました。(上の画像)
テレビを見ていると、iPadを買うために徹夜で行列している様子を写していました。

Appleのメールを見ると、行列しなくても簡単に買えそうです。
メールの「iPadを購入する」のボタンを押すと、Apple Online Store で購入できます。

一番安いのは、16GB のもので、48,800円です。
これを「買い物かご」に入れて、あとは住所、名前などを入力すると簡単に買えます。

今のところ、ほしいとは思いませんので申込みはしませんでしたが・・・coldsweats01

2010年5月27日 (木)

USBメモリーの寿命は3年

0011

図書館で、パソコンの雑誌を見ますと、「USBメモリーは3年でダメになる」という表紙が目に入りました。(上の写真)
3年しかもたないの? 本当?

疑問に思って、雑誌を詳しく読んでみますと、5~10年と書いてあります。(下の写真)
使い方が悪ければ3年しかもたないこともあるということのようです。

詳しく読みますと、フラッシュメモリー(USB)の中に、「浮遊ゲート」と言うのがあって、この中に電子を引き入れることでデータが保存できるそうです。
「浮遊ゲート」の周囲は絶縁体でおおわれていて、内部に電子が閉じ込められています。

しかし、この絶縁体が劣化すると電子がもれ出すので、データーが消えることになります。
経年変化で、絶縁体がいつまでもつか?ということが問題のようです。
0041


2010年5月26日 (水)

子供と老人の講座

0022

今週の月曜日から始まった超初心者講座で、月曜と火曜休んで、今日から出席する人が来られました。
最初の2日間休んで、3日目から講座についていけるのか?大変心配しました。

もし、講座についていけないようでしたら、マンツーマンでアシストするつもりで出かけました。
ボラパソは、大変親切な教室です。coldsweats01
朝一番、話を聞いてみると、文字入力などはある程度できるとのことでした。

今日の講座は、昨日保存したファイルを開くところからですから、講座前にファイルを保存してもらいました。
よくわかっておられるようで、講座は問題ないようです。

上の左の写真は、今朝、出かける途中で見た光景です。
子供たちが、畑でお百姓さんの講義を聞いているところです。
50~60年先輩は、右の写真のような講義を聞いています。coldsweats01

2010年5月25日 (火)

きつつきギャレ閉館

0052

朝日新聞の販売店が発行しているミニコミ誌「きつつき21」からハガキが来ました。
「きつつきギャレ21」は5月31日をもって、閉館しますとの連絡です。

上の写真は、最後となる展示会の様子です。
近所のKAKURAさんの教室の作品展でした。

ボラパソが数年前に、ここで年賀状展や暑中見舞い展を開催していたギャラリーです。
いろいろ苦労したギャレがなくなるのはさみしいものです。

立体の飛び出す年賀状を展示するときは、発砲スチールで棚を作りました。
この棚を kimamaさんが「くろうだな(苦労棚)」と命名して下さったのも楽しい思い出です。

昔の年賀状展は こちら

昔の暑中見舞い展は こちら から見て下さい。

その日だけでなく、前後の日を見ていただくと、いろいろ関連記事があります。

2010年5月24日 (月)

超初心者講座初日

001


今年度のIT講座が始まりました。
今週は、超初心者コースです。(上の写真は、主催者側の挨拶)

今までは、市の広報に受講生募集を載せてもらっていましたので、そこそこの応募者がありましたが、今年度からは市の広報に載せてもらえなくなりました。
広報は大きな宣伝力がありますので、これに載らなくなると・・・と大変心配しました。

ボラパソの会員や賛助会員さんの努力で、定員以上の応募がありました。
パソコンの講座を受けたいという需要者は多くおられるようですが、宣伝がうまくできていないのが実情のようです。

2010年5月23日 (日)

静の日曜日

002

いつもの日曜日は、河川敷へ日曜散歩に出かけて、歩いたり、走ったり(自転車で)と「動」の日曜日ですが、今朝は大雨で散歩は無理です。
朝から本を読んで、「静」の日曜日です。

一柳 米来留(ひとつやなぎ めれる)著「失敗者の自叙伝」を読んでいます。
一柳 米来留という方は、建築家のヴォーリズ氏の日本名です。

明治38年に、キリスト教布教のために日本に来られたのですが、この本の半分以上読んでも、まだ、明治38~39年の話が続いています。
驚いたのは、氏が来日して早々に、日本に永住すると決めていることです。

ところが、面白いのは、氏の夫人がこの本の序文を書いておられますが、それには「夫は、来日して最初、激しい寂しさと孤独に襲われ、帰国する費用があったら逃げ去っていたでしょう。幸いと言いましょうかお金がなかったから帰れなかったのです」と書いておられます。

上の写真は、本の中の1ページです。

« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年5月30日 - 2010年6月5日 »