フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 2010年8月8日 - 2010年8月14日 | トップページ | 2010年8月22日 - 2010年8月28日 »

2010年8月15日 - 2010年8月21日

2010年8月21日 (土)

野又 穫 作品集

004

昨日図書館で借りてきた「野又 穫(みのる)作品集」と「野又 穫 画集」を読んでいます。
作品集と画集ですから、読むところはありません。眺めているだけです。

少しだけ、文章があります。
建築家の磯崎 新氏が少しだけ解説文を書いておられます。

野又 穫氏の作品は、空想建築と言って、実際に建築できない建物を書いておられます。
このような建物を「ヴィジョナリー」と言うそうですが、このような画が多く描かれた時代には革命が起こっているそうです。(磯崎氏の解説より)

それにしても、すごい作品ばかりで、何回も何回もページをめくっています。
左の本が、6,000円。右の本が、5,900円です。coldsweats01

2010年8月20日 (金)

図書館の本の予約

001

月曜日に予約した本が用意できましたと図書館からメールが来ました。
早速、貰いに行きました。

今までは、窓口で予約の本をもらっていましたが、最近は、上の写真のような機械で予約の本の場所を調べます。
下の写真のような棚に、予約の本が並んでいます。

機械が指示した棚から本を取り出して、今度は、自動貸出機で借りる手続きをします。
これで、予約の本は持って帰れますが、この間、図書館の人と一言も話さなくて済みます。

大変便利になったのですが、これでいいのだろうか?と少し疑問に感じました。
003


2010年8月19日 (木)

街かどデイハウス

005

昨日、相談会が終わった後、街かどデイハウス「なごみの家」に寄りました。(上の写真)
普通の民家ですが、この中でデイハウスが行われています。

ボラパソのWATさんが、ここでボランティアをしておられすので、交通費を届けるために行きました。
今まで、2回行ったのですが、盆休みなどでWATさんに会えませんでした。

昨日は、やっと会えて、交通費を渡すことができました。
ついでだから、中に入って見学して下さいとWATさんに誘われて、見学しました。

高齢の人ばかりが、20人ほどおられて、2つのグループに分かれておられます。
1つのグループは、色紙を切ったり、折ったりしてきれいな作品を作っておられました。

もう1つのグループが、WATさんが担当されているパソコンのグループです。
7~8人の人が、パソコンでいろいろやっておられます。

みんなが同じことをするのでなく、人によっていろいろ違ったことを教えておられるようでした。
「ワードでお絵かき」を見て、大変立派な絵を描いておられるのを見せてもらいました。

2010年8月18日 (水)

会議と相談会と・・・

002

第3水曜日なので、午前中は事務局会議です。
会議は、いろいろ話し合いましたが、新年会の話も出て、ビックリしました。
まだまだ暑いのに・・・

午後の相談会は、相変わらず大盛況です。
私が担当した相談者は、パソコンでワード文章を作って、パソコンからFAXを送る方法を教えてほしいとのことです。
昔は、ダイヤルアップ電話接続でしたので、FAXを使った経験はあります。

しかし、最近はメールばかりですから、パソコンでFAXなんて使ったことはありません。
ネットで検索して、その通り回答しました。

パソコンに、FAXモデムが付いていて、アナログ回線につながっていて、FAXソフトがインストールされていること。
こんな条件なら、ムリです。

上の写真は、相談会の前に全パソコンをウイルスのチェック中の様子です。

2010年8月17日 (火)

テキスト印刷と製本

0041

今日の午後は、1班の人に集まってもらって、今月の30日から始まる「出直し講座」のテキストの印刷と製本をしました。
約100ページのテキストを15冊、表紙や中仕切りをつけて、きれいに製本します。

写真に写っている人は、ページチェックなどをしている人で、このほかに印刷や製本をする人など7~8人での大作業です。
こんな立派なテキストを使って、5日間、20時間の講座で、受講料は4,000円ですから、本当にボランティアです。

2010年8月16日 (月)

空想の建築

Photo

今朝の朝日新聞に「空想の建築」の描き手の野又 穫(のまた みのる)氏の個展が開かれている記事が載っていました。

個展は、群馬県立美術館で開かれています。
少し遠方すぎるので図書館で本を借りることにしました。

高槻市の図書館で「野又穫」を検索しますと、2冊あることがわかり、早速予約しました。
上の画像は、野又穫作品集の表紙です。

朝日新聞の記事は、次の文でしめくられていました。
「酷暑の夏、野又さんの空想の建築の前に立つと、世俗から遠く離れた風が吹いてくるような感覚がある。」

2010年8月15日 (日)

ゴミの山の河川敷

006

終戦記念日、日曜散歩に出かけました。
空一面、厚い雲に覆われて、時おり、涼しい風が吹く河川敷を歩きました。(上の写真)

水曜日の夜から木曜日の朝にかけて降った大雨で、河川敷の遊歩道はゴミの山になっています。(下の写真)
木曜日の朝、大阪へ行く途中の電車の中から、この川が増水しているのを見ましたが、これほどゴミが堆積しているのは初めてです。
005


« 2010年8月8日 - 2010年8月14日 | トップページ | 2010年8月22日 - 2010年8月28日 »