フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 2010年9月5日 - 2010年9月11日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »

2010年9月12日 - 2010年9月18日

2010年9月18日 (土)

iPad の話(5)

001

iPad は、1枚の板のようなものですので、家の中でも持ち歩くには少し持ちにくいです。
iPad の本を見ると、ケースが売っているようです。

近くの大型電器店で探しましたが、ありません。
iPad は、ソフトバンクが取り扱っている製品ですから、ソフトバンクの携帯電話の店へ行って聞きましたが、iPad は取り扱っていませんとのことです。

仕方なく、梅田のヨドバシカメラまで行きました。
ここには、ビックリするほど多くの iPad のケースがありました。(上の写真)

沢山あると、いろいろ迷って困ります。
1300円ぐらいから5,000円ぐらいのものがあります。
中間あたりのものを買って帰りました。

帰りの途中、本屋さんへ寄りますと、iPad の本の付録に iPad のケースが付いている本が売っていました。
こちらを買えばよかった・・・と思いましたが、もう遅い!残念!

2010年9月17日 (金)

ひまわり講座の講師

004

「ひまわり」グループの依頼講座の講師をしました。
「インターネットいろいろ体験」という講座です。

ネットで、本やロールケーキなどいろいろのものを買う体験講座です。
おとなしい受講生ばかりで、何に興味があるのか?よくわかりませんでした。

最近はやりのツイッターについては、実例を見せて、詳しく説明しましたが、もう一つ理解できなかったようです。
一人だけ質問して、ツイッターを始めたいような感じでした。

久しぶりの講師で、くたくたに疲れて、帰途につきました。

2010年9月16日 (木)

「ひまわり講座」の勉強

Twitter

明日、「ひまわり」というグループの依頼講座の講師をしますので、その準備で忙しいはずですが、相変わらずブラブラしています。

明日の講座で、ツイッターの紹介をする予定ですので、その準備にツイッターにつぶやきました。(上の画像:クリックしますと大きくなります)

この画像のツイッターを開いて、ツイッターの説明をします。
ツイッターの登録をしてない人が、この画面を出すのは、Googleで「依頼講座ひまわり」で検索します。

いろいろの検索のページが出てきますので、ツイッターだけの検索をする場合は、左サイドバーの「もっと見る」をクリックして、「アップデート」をクリックすると、ツイッターだけが検索されます。

ここで、tadoni3 をクリックすると、上の画面が出てきます。
つぶやき通り松坂屋の「スイーツコーナー」へ行って、マラサダドーナツなどいろいろ買って来ました。

2010年9月15日 (水)

会議と相談会

0011

毎月第3水曜日は、午前中会議で、午後はパソコン相談会です。
今日の会議の議事録は、私が作る当番に当たっていますので、まじめにメモをとりました。

午後の相談会の1人目の人は、初心者用の講座を受けたいという人です。
受講者を大募集中なので、ありがたい人です。
ハガキを渡して、早速、申し込んでもらいました。

2人目の相談者は、ワードで表を作ったけど、いらない行が消せないとか、いろいろ表についての質問です。

話をしていると、デジカメの写真は得意で、RAWモードで撮影して、専用ソフトで出力しているとのことです。
JPEGでは、少し加工をすると劣化するので、RAWデーターでないと満足できないそうです。

上の写真は、技術グループの人が、相談会の前にパソコンのチェックをしておられるところです。
ご苦労様!

2010年9月14日 (火)

3D立体映像(2)

001

先週土曜日に紹介した富士フイルムの立体デジカメのうしろのモニターは、メガネなしで立体映像が見えます。

なぜ?メガネなして立体に見えるのか?と言いますと、背面モニターに凸レンズが縦に並んでいます。(上の画像参照)

この凸レンズに、まず左目だけの映像が映り、次に右目で見える映像が映ります。
左目、右目の映像が短い時間で交互に映し出されますので立体に見えます。

時間差による 3Dの合成が行われているのです。
この方式を「レンチキュラーレンズ方式」と言うそうです。

現在の3Dテレビや3D映画は、すべてメガネを使う方式ですが、この3Dデジカメを開発するにあたり、富士フイルムは「裸眼のまま」に強くこだわったそうです。

いつでも、どこでも、誰でも使えるカメラに「わざわざメガネをかける」のはダメだというこだわりです。
下の画像は、背面モニターの画像です。(カタログから)
002


2010年9月13日 (月)

3D立体映像(1)

003

「3D立体映像がやってくる!」(著者 石川憲二)を読んでいます。
大変興味深いことが書いてありますので、紹介します。

この本によりますと、人類は19世紀以降、写真や映画、テレビといったビジュアルシステムを急速に発達させてきました。

単色から多色に、静止画から動画へ、そして画素数を増やして満足できる映像を作り出してきました。
その結果、最後に残ったのは「3D化のみ」となったそうです。

立体視のできる映像システムだけが、まだ完成していません。
しかし、ビジュアル技術の発展で、環境は整った状況となり、いよいよ本格的な3D時代に向けて動き出そうとしているそうです。

もう少し具体的な3Dの話を明日以降、続けていきます。

2010年9月12日 (日)

夏色と秋色の風

0012

まだまだ暑い中、日曜散歩に出かけました。
河川敷を散歩していて、橋の下など日陰に入ると、秋の色をした風が体をすり抜けていきます。

でも、日当たりに出ますと、夏色の風です。
川の水が太陽の光でキラキラ輝いて、川の底まで照らしています。(上の写真)

河川敷の近くの田んぼは、きれいな緑に染まっています。(下の写真)
0052


« 2010年9月5日 - 2010年9月11日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »