フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 会議と式典準備 | トップページ | 臨時総会と式典準備 »

2012年6月21日 (木)

フォントの話(2)

Photo

2日前の話の続きですが、今週末の会合のプログラム(紙の資料)を作るときにフォントについて少し勉強しましたので、紹介します。

上の画像は、5つのフォントの例です。
上のフォントから順番に説明します。

「明朝体」・・・まじめでかしこまった印象を与えます。
        落ち着いた雰囲気もあり、読み手に安心感を与えることができます。

「ゴシック体」・・・堅実なイメージで仕事に使いやすい。
         かといって、かしこまりすぎるでなく、ちょうどよいバランス感があります。

「丸ゴシック体」・・・柔らかく親しみあるイメージ。
          カジュアルな印象ですが、くだけすぎているわけではありません。
          やさしく丁寧に語りかける雰囲気にもなります。

「ポップ体」・・・見るからに軽やかで楽しげな空気にあふれています。
         読み手をわくわくさせるようなインパクトを与えています。

「行書体」・・・毛筆で書かれたような古風なイメージです。
        行書体は、とめ・はねの闊達さなどから、明朝体より勢いを感じさせます。

« 会議と式典準備 | トップページ | 臨時総会と式典準備 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67526/55016140

この記事へのトラックバック一覧です: フォントの話(2):

« 会議と式典準備 | トップページ | 臨時総会と式典準備 »