フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 2012年4月29日 - 2012年5月5日 | トップページ | 2012年5月13日 - 2012年5月19日 »

2012年5月6日 - 2012年5月12日

2012年5月12日 (土)

これならわかるネットワーク(2)

Dscf4079

上の画像は、昨日の話、糸電話で10人が話をする場合、糸は何本必要?を図で表したものです。
糸の本数を数えて下さい。

同じ本の紹介です。

疑問:地震が起こった場合、携帯電話よりもメールの方が繋がりやすいと言われています。なぜでしょうか?

答え:電話は電話会社が管理しているネットワークであるため、その容量を超えたらパンクしてしまいます。

一方、インターネットでは容量以上の通信レートで送信した場合、たしかにパケット損失は起きますが、TCPによる輻輳(ふくそう)制御などで自律的に輻輳を回避する機能があります。

※輻輳とは、ネットワークの混雑状況(渋滞)のことで、ネットではこれを回避する巧妙な仕組みがあります。

したがって、メールの方が繋がりやすいということです。

2012年5月11日 (金)

これならわかるネットワーク(1)

Dscf4078_2

「これならわかるネットワーク」という本を図書館で借りてきました。

本の中の面白い話を紹介します。

一番簡単な通信ネットワークは、点と点が1対1で繋がっているネットワークです。
これのわかりやすい例が、糸電話です。

人と人の間に糸が用意できれば通話することができます。

1人と1人の通話であれば、糸は1本です。
では、10人が糸電話で話す場合は何本の糸が必要でしょうか?

1人が9人相手に話しますので、1人で9本必要です。
だから、10人×9本÷2(糸1本で2人が話せるので)=45本 となります。

10人で45本の糸が必要です。
では、日本人全員(1億2000万人)では何本必要でしょう?

同じ計算をして、約7200兆本の糸が必要となります。

これでは、膨大なコストがかかりますので、今の通信ネットワークは1対1でなく、効率のよい通信手段(インターネット)を使っています。

2012年5月10日 (木)

MRI検査

Dscf4077

2週間ほど前に、急に気分が悪くなって吐き気がしました。
すぐ直ったのですが、心配なので翌日すぐ病院へ行って診てもらいました。

診てもらってもわからないので、MRI検査を受けることになりました。
その検査が今日です。

10年ほど前に、MRI検査を受けたように思うのですが、よく覚えていません。

検査台が狭い円筒内に入っていくので、閉所恐怖症の人はダメだそうです。
私は、狭い家に住んでいますから、狭いところは慣れています。coldsweats01

検査台に寝転んで、耳栓を付けてもらい、手にブザーのスイッチを握らせてもらってから検査台は円筒内に入って行きます。

耳栓から心地よい音楽が聞こえてきたのですが、それもつかの間、大きな騒音で音楽は聞こえなくなりました。

この騒音をどんな文字で表現したらいいのだろう・・・?と考えていましたが、とても文字では表現できない騒音です。

「嫌がらせの騒音」としか表現できない音です。coldsweats01

騒音は、いろいろ変化していきます。
検査台も時々、振動します。

検査時間は30分ほどですと聞いたときは「長いなぁ・・・」と思いましたが、実際にやかましい音を楽しんで(?)聞いているといつの間にか終わりました。

この検査の結果は、今月の22日の診察の時に先生から説明されるそうです。
はたして?どんな結果なのでしょう?

2012年5月 9日 (水)

ボラパソ通信の編集手伝い

Photo

来週の総会が終わった後、すぐにボラパソ通信35号を発行しますので、rosyさんがその編集中です。

しかし、使っている新聞編集ソフトがなかなか奥が深く、十分使いこなすことができません。

rosyさんから困っているので教えに来てほしいと依頼がありましたので、センターへ出かけました。

今週は、月曜日から3日続きでセンター詣でです。
最近は珍しいことです。

新聞編集ソフトの使い方を忘れていますので、昨夜、ソフトを使って、いろいろテストをしました。

rozyさんが困っていたのは、表の挿入でした。
表は画像として取り込むのですが、ソフトの中で拡大縮小すると表がぼやけてしまいます。

別の画像ソフトで、拡大縮小してから取り込むとうまくいきます。

2人で、何回もやり直して、やっとうまく表が挿入できました。
これで立派なボラパソ通信総会号が発行できそうです。

上の画像は、昨年の総会号の一部です。

2012年5月 8日 (火)

講座の講師

Dscf4066

若鮎会というパソコングループの依頼講座の講師をしました。

講座の内容は、いつもの地図を描く講座です。

Vistaで、Word2007を使って講座するのがわかりやすくていいと思って始めましたが、受講生はほとんどの人がWindows7とわかり、その言い訳に四苦八苦しました。coldsweats01

実際のところ、Word2007と2010とでは、ほとんど変わらないのですが、受講生は2010で習いたかったようです。

幸いなことには、講師機ではWord2007も2010も、画面を切り替えて両方が見られるようになっていますので、その違いを分かりやすく説明しました。

ということで、今日の講座はいつもより1.5倍ほど多く疲れました。coldsweats01

2012年5月 7日 (月)

プリンターの設定

Dscf40571

ゴールデンウィークが終わって、今日からボランティア活動の開始です。

午後から、パソコンルームのプリンターの共有の設定をする作業を手伝いに行きました。

パソコンルームのOSは、Windows7、VistaとXPの3種類がありますが、XPだけプリンターの共有の設定がまだできていませんでしたので、今日行うことになりました。

13台のパソコンがありますが、多くの方が手伝いに来ていただいたので、短時間で設定は終わりました。

ワークグループ名を統一したり、ややこしい作業をしなければならないと思っていましたが、ネットワークからプリンターを「最新の情報にする」で、わりと簡単に設定ができました。

明日は、久しぶりに講座の講師をしますので、プリンターの設定の前に、講師機で予習をしました。

2012年5月 6日 (日)

日曜散歩~野いばら

Dscf3231

曇天、今にも降り出しそうな朝、日曜散歩に出かけました。
やはり、散歩の途中で、ポツリポツリと降り出してきましたが、散歩を続けているといつの間にか止んでいました。

河川敷の川べりには、この時期、野いばらの白い花が一面に咲くはずですが、今年はやはり遅れているようで、チラホラと咲いているだけです。

数年前までは、川べり一面に咲いているこの白い花は何の花だろう?と散歩している人々に聞きましたがわかりませんでした。

その中の一人が、ネットで調べて「野いばら」だと教えて下さいました。

そのすぐ後、センターの近くに「大宅壮一顕彰碑」が出来て、その碑に「美しいバラの花は野茨の根の上に咲く」と刻まれました。
偶然、同じ時期に野いばらが重なりました。

野茨の花は、河川敷に咲いていますよと碑を作った「きつつき」に知らせると、記事に載りました。

Dscf3234

« 2012年4月29日 - 2012年5月5日 | トップページ | 2012年5月13日 - 2012年5月19日 »