フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

東北新幹線(続)

Photo
昨日の東北新幹線の盛岡駅での「はやぶさ」と「こまち」の切り離しの話がわかりにくかったのでは・・・?と思って、その説明図を描いてみました。

下の「東京」を出発した17両編成の列車は、盛岡駅で2つの列車に切り離されます。

切り離したら先頭の「こまち」が先に発車して、秋田の方へ行きます。

後ろの「はやぶさ」は、しばらくして青森の方へ行きます。

東京行きの列車は、これとは全く逆に、盛岡駅で「はやぶさ」と「こまち」をつなぎます。

東北新幹線で、変わったことと云えば、「車内検札」がないことです。

どの新幹線に乗っても、車掌が切符の検札に来ますので、切符がすぐ渡せるように準備しておかなければならないので、わずらわしいです。

しかし、検札がないとわかると、気分がゆったりしますので、なかなかいい乗客サービスだと思います。

なぜ、検札がないかと云いますと、乗客が自動改札機を通るときに、指定券のデータを読み取り、車掌の持っている端末に伝送されるので、車掌は指定券が発券されてない席に座っている乗客だけに声をかけて確認すればよいことになっているそうです。

こんなことができるのなら、ほかの新幹線などでもやってほしいと思います。

2014年10月30日 (木)

東北新幹線

Dscf9431

Dscf9430
三陸鉄道の旅のときに乗った東北新幹線の面白いところを紹介します。

東京駅から八戸まで東北新幹線「はやぶさ」に乗りました。
上の写真は、東京駅で乗る前に写した「はやぶさ」です。

Dscf9439
この「はやぶさ」の前に、秋田新幹線の「こまち」が連結されていて、盛岡駅まで一緒に走り、盛岡駅で切り離されます。

Dscf9438
みどり色の列車が「はやぶさ」で、赤い色の列車が「こまち」です。

Dscf9437_2
連結部分は、自動で切り離しされます。

切り離しのところをゆっくり見たかったのですが、私は「はやぶさ」に乗っていないとダメなので少しだけ見て、急いで席へ戻りました。

盛岡駅の「はやぶさ」と「こまち」の切り離しは、鉄ちゃんに人気があって、YouTubeには動画が沢山あります。

興味ある方は、YouTubeで「はやぶさ こまち」で検索すると動画が見られます。

2014年10月29日 (水)

創刊1000号

Dscf9723

図書館に「創刊1000号」という雑誌「週刊金曜日」がありましたので、借りてきました。(上の写真の左の本)

先日、「週刊アスキー」の創刊1000号(上の写真の右の本)をアチコチの本屋さんで探しましたので、1000号と云うのが気になりました。

週刊金曜日を読みますと、「赤字だろうが誰も面倒をみてくれるわけはない雑誌が1000号を数えるというのは、非常に珍しいことだ」と書いてあります。

ということは、週刊アスキーも1000号を数えたことは非常に珍しいことなのでしょう。

週刊金曜日は、大変まじめな雑誌で、読んでいていろいろ感銘を受けました。

特に、「集団的自衛権行使に否!」というタイトルで、各界の名士が抗議声明を書いておられるのをじっくりと読みました。

週刊アスキーの話に移りますが、先日、どこの本屋さんを探しても売り切れで買えませんでしたが、最近、増刊されたようで本屋さんに沢山積んであります。

週刊誌ですから、次の号が出ているのですが、古い1000号が沢山積んであります。

なんだか?不思議な週刊アスキーの1000号です。

2014年10月28日 (火)

会議

Dscf9715
ボラパソの事務局会議が開かれますので、センターへ出かけました。

いつもの通り、三輪神社を通り抜けて行きます。
黙って通り抜けると神さんに怒られますので、お賽銭を入れてお参りをします。

Dscf9716
お賽銭を入れるとき、賽銭箱が新品になっていてビックリ!

賽銭箱などは、古い方がいいのだと勝手に思っていましたので、新しい賽銭箱を見て、これに入れてもご利益(りやく)があるのだろうか・・・?と思いました。

早くも正月の準備ができたのでしょうか?

Dscf9720
会議では、毎年年末の恒例のフェスタの打ち合わせなどいろいろ話し合いました。

Dscf9717
パソコンルームでは、タブレット講座が行われていました。
この講座は、初歩の講座ですが、頭を抱えておれる人が見えますね。

2014年10月27日 (月)

面白いカメラ

Photo
家族を病院へ送った後、家族が買い物中に電器店をブラブラしていて、面白いカメラを見ましたので紹介します。

上の画像は、電気店の広告です。
カメラのレンズと本体がはなれる様子を宣伝しています。

私も、この広告を見て、ここで立ち止まりました。

上の丸いのが、レンズ部分です。

下の四角いのが、本体とモニターです。

レンズ部分をどこかへ持って行って、写真を写すと、本体のモニターに写した画像が表示されます。

Dscf9713
カシオの製品で、品番は FR10 です。
詳しいことは、こちら を見て下さい。

Dscf9714
値段は、チョット高いですね。

でも、面白いカメラですね。

2014年10月26日 (日)

日曜散歩~紅葉始まる

Dscf8140
秋晴れのすがすがしい朝、日曜散歩に出かけました。
暑くもなく、寒くもなく、申し分のない散歩日和です。

Dscf8141
河川敷の堤防の上の桜並木は、紅葉が始まり出しました。

Dscf8142
河川の上を名神道路が横切っているあたりを、なんとなく写しました。

Dscf8143_2
秋晴れの空を写しました。
遠くに小さな飛行機が飛んでいます。
黄色い丸の中ですが・・・見えますか?

Dscf81431
上の写真の中から、飛行機の部分を拡大しましたが、こんな状態です。

2014年10月25日 (土)

高槻市文化祭

Dscf9710
高槻市の文化祭が開かれていて、ボラパソのUMEさんが作品を出していますので見に行きました。

Dscf9705
UMEさんがかかわっている切手展の会場です。

Dscf9707
このあたりは、UMEさんの出品です。

Dscf9708
切手展会場の全景です。

Dscf9704
パッチワーク展の会場です。
華やかですね。

Dscf9703
写真(カメラ)の団体の展示です。

Dscf9698
文化祭の作品展のあと、カフェでコーヒーを飲んでいますと、隣のケンタッキーの店のカーネルおじさんが赤いズボンをはいていました。

「どうしてだろう・・・?」

Dscf9700
しばらくしてから見ますと、こんな格好になっていました。
なっとく!

2014年10月24日 (金)

付録の使い方

Dscf9694
昨日の記事のパソコン雑誌の付録の使い方を紹介します。

上の写真は、付録のアダプターにマイクロSDを入れて、パソコンに繋いだ様子です。

マイクロSDには、昔、ガラケイで写した富士山の写真が入っていましたので、それがパソコンに表示されました。

では、この付録の5つの使い方を紹介します。

01
使い方 1(上の画像)
スマホの充電に使えます。
あまり必要とは思えません。

02
使い方 2(上の画像)
マイクロSDを読み込むカードリーダーとして使えます。
一番上の写真で説明した方法ですが、これは便利だと思います。

03
使い方 3(上の画像)
スマホとパソコンをつないで、データの移行に使います。
私のスマホは、繋ぐ口がありませんので、使えません。

04
使い方 4(上の画像)
スマホ用カードリーダーとして使えます。
私のスマホは、上の理由で使えません。

05
使い方 5(上の画像)
収納ポケットに小物を入れられる。
マイクロSDを入れるぐらいの使い方です。

ということで、私のスマホでは、あんまりいい使い方はできません。

実用品というより、お遊びという感じの付録です。



2014年10月23日 (木)

売り切れのパソコン雑誌購入

Dscf9688
3日前のブログで、パソコン雑誌売り切れの記事を書きましたが、その雑誌が買えました。ビックリ!

5軒の本屋さんを廻って、全部の店が売り切れだった雑誌を根気よくネットで調べました。

どのネットでも、「その商品は取り扱っていません」と売り切れの表示でしたが、ただ1軒、ヨドバシカメラが受け付けてくれました。

しかし、条件は「入金確認後、商品確保となります」と書いてあります。

とりあえず、入金を急ぐべしとローソンへ走りました。
Loppiで手続きをして、家に帰ると、ヨドバシカメラから「入金確認しました」とのメールが届いていました。

その早さにビックリ!

あとは、商品が確保できるかどうか?が問題です。
多分、「申し訳ありません。売り切れです」と返事が来ると予想していました。

ところが、入金確認のメールの2時間30分後に「商品を出荷しました」とのメールが届きました。

その速さに、またビックリ!

そして、その後の商品の流れは、こちらを見て下さいと書いてあるページを見ますと、大阪の中央郵便局に○○時に着いて、高槻郵便局に○○時に着いて、配達は○日の予定と詳しく書いてあり、大変よくわかりました。

前日の午後に注文して、翌日の朝に届きました。
売り切れで「ない」と思っていた雑誌が、アッという間に届いたのですから驚きました。

街の本屋さんがつぶれていくのがわかります。

Dscf9689
これが雑誌の付録です。
「5in1超スマホアダプター」という名前です。

「5in1」というのは、1つで5つの使い方ができるという意味だと思います。

Dscf9690
5つの使い方については、明日紹介します。

2014年10月22日 (水)

三陸鉄道乗車記(11)

Dscf9440
昨日の続きで、JR八戸線を紹介します。
上の写真は、八戸駅に停まっている電車です。
東北新幹線を降りて、これに乗りました。

Dscf9441
電車の内部です。

Dscf9443
鮫(さめ)駅を過ぎると、ウミネコの繁殖地で有名な蕪島(かぶしま)を車窓から眺めます。

Dscf9444
蕪島です。

Dscf9445
蕪島がだんだん遠くなっていきます。

Dscf9446
蕪島を過ぎると、リアス式の海岸が続きます。

Dscf9447

Dscf9448
電車の内部に、津波が来た時の注意事項が貼ってありました。





2014年10月21日 (火)

三陸鉄道乗車記(10)

三陸鉄道に乗る前に、JR八戸線で久慈駅まで行きます。
そのJR八戸線の様子を動画で見て下さい。

Photo

東北新幹線の八戸駅でJR八戸線に乗り換えます。
約2時間で、久慈駅に着きます。

八戸線の列車は、ゆっくりゆっくりと走ります。
それまでは、東海道新幹線と東北新幹線とに長い間乗っていましたので、体がスピードに慣れているようで、八戸線のガッタンゴットンにはイライラするほどの感覚になっていました。


八戸線は、最初は海岸沿いを走りますが、途中から山の中を走ります。

明日は、静止画で八戸線を紹介します。

2014年10月20日 (月)

パソコン雑誌売り切れ

Photo

週刊アスキーの臨時増刊号が発売されたとスマホに連絡がありました。(上の画像が、雑誌の表紙です)

創刊号から数えて、1000号になる増刊号です。

スマホでは、見本が10ページほど読めますので、読んでみるとなかなか面白そうです。

早速、近所の本屋さんへ行きましたが、ありません!
本屋さんの主人に聞くと、確か?このあたりにあったのだけれど・・・と探してくれましたが、ありません。
売り切れたようです。

しかたなく、ツタヤへ行きました。
ここならあるだろう・・・と思って、探しましたがありません。

店員さんに調べてもらうと、全部売り切れたとのことです。
店員さんも「どうしてでしょう?」と不思議がっていました。

そうなると、ますますほしくなってきて、紀伊国屋、大垣書店そしてキャップ書店と廻りましたが、どこも売り切れでした。

どうしてでしょう???

Photo_2
雑誌の付録に上の画像のような「スマホアダプター」がついています。
これは、ASCIIの“A”をモチーフにしたデザインのスマホアダプターで、充電・データ転送のほか、PC・スマホ双方で使えるマイクロSDカードリーダーにもなるスグレモノということです。
 

Photo_3

Photo_4

この付録が欲しくて、雑誌は売り切れたのでしょうか?
それにしても不思議な感じです。

ネットで注文しようとしても、どこも「この商品の取り扱いはありません」と出てきます。

ますます不思議な感じです。

2014年10月19日 (日)

日曜散歩~大快晴

Dscf8128
一片の雲もない大快晴の朝、日曜散歩に出かけました。

Dscf8129
これ以上の天気はない!というほどの快晴です。
どのように表現したらいいのか?考えても思いつかず、つまらないパノラマにしました。

右の川と左の川はつながっている1本の同じ川ですから、180度超のパノラマです。

Dscf8139
朝は、少しひんやりして、散歩には絶好の気候です。
なので、河川敷は多くの人出でにぎわっています。

Dscf8136
空気が澄んでいるので、遠く離れた阿武山の地震観測所を遠望しました。

Dscf8134
白さぎ3羽とアオサギ1羽が会議中(?)です。

Dscf8135
白サギ「消費税10%は反対!」

2014年10月18日 (土)

NPO協働フェスタ

Dscf9681
今日は、「第10回たかつきNPO協働フェスタ」が開かれますので、オープニングに間に合うように朝から出かけました。

Dscf9676
上の写真は、オープニングのフラダンスです。
観客が多くて、うまく写せませんでした。

5人の女性が踊っていますが、4人はほほえんでいて楽しそうに見えますが、1人だけむっつりしていて楽しそうに見えません。

本人は気が付かないでしょうけど、指導者が悪いのかなぁ・・・

Dscf9678
フラダンスが終わって、市長の挨拶です。
いつもの通り、原稿を読んでいるので「こんな挨拶やめたら・・・」と思いました。

Dscf9680
次に、高槻のNPO育ての親の遠矢さんの挨拶です。

Dscf9684
展示の様子です。

Dscf9685

Dscf9682

Dscf9683


Dscf9687
会場の外では、フリーマーケットが開かれていて、大賑わいです。

去年のフェスタは、雨天でフリーマーケットは中止になったそうですが、今日は大晴天です。

余談ですが、会場に入った時、机の上に少し厚めのパンフレットが置いてありました。

もらっていいのかなぁ・・・と思いつつ、手を出してパンフレットを握った時、係員の人から「オッ!」と声をかけられて、ビックリしてパンフレットを返しました。

「パンフレットをもらってはいけないのですか?」と聞くと、なんとその係員の人はボラパソのKURさんでした。

KURさんは、挨拶のつもりだったのですが、こちらが勝手に驚いただけでした。

ボラパソは、今年はフェスタに参加していませんので、一般市民の立場で見学して廻りました。

第三者の気持ちで廻りますと、「もっとこうしたらいいのに・・・」といろいろ気が付くことがあります。





2014年10月17日 (金)

三陸鉄道乗車記(9)

盛(さかり)駅から大船戸線に乗って、終点の一ノ関駅に到着したところまで書きました。

一ノ関の駅前のホテルに泊まって、翌朝、早くに帰路に着きました。

朝早くに、ほとんど人気のない一ノ関駅のホームで帰りの新幹線を待っていました。

その間に、青森の方へ行く「はやぶさ」が通り過ぎました。
さすがに早いです。アッという間に通り過ぎました。

次は、東京行きのホームに私が乗る列車のひとつ前の「やまびこ」が止まっていました。

この列車の出発の様子を見ていました。

この2つの動画を見て下さい。

Dscf9547
初めて降りる一ノ関駅でしたが、今後も二度とこの駅に下りることはないだろう・・・?と感慨ひとしおの駅でした。

2014年10月16日 (木)

三陸鉄道乗車記(8)

昨日紹介した大船戸線のBRTバスの動画を見て下さい。

BRTと云うのは、Bus Rapid Transit の略で、バス高速輸送システムということだそうです。

津波で線路が流されてしまい、復旧が難しいので、線路の部分を道路にして、電車の代わりにバスが走っています。

この道路には、一般の車が入れないように、踏切がついています。

この大船戸線は、ドラゴンレール大船戸線と言われていて、龍の体のようにくねくねと曲がった路線です。

なぜくねくねと曲がっているかと云いますと、このあたりに住んでいる数人の政治家が「線路はこちらを通せ!」と云うので、その通りにしたらくねくねとなったそうです。

「我田引鉄」の代表例だと書いてあります。

2014年10月15日 (水)

三陸鉄道乗車記(7)

Photo

三陸鉄道の南リアス線に乗って、南の終点の盛(さかり)駅に到着したところまで書きました。

盛駅からは、JRの大船戸線に乗って、一ノ関まで行きます。(上の路線図を見て下さい)

ところが、この線も津波の被害が大きくて、復旧できずに現在はBRTというバスが途中まで代行しています。

Dscf9534
上の写真は、BRTバスの外観です。

Dscf9533
上の写真は、BRTバスの内部です。

Dscf9536
上の写真は、陸前高田市役所のプレハブの仮庁舎です。
元の市役所は、津波で流されました。

Dscf9542
「奇跡の一本松」駅です。
見学する時間がなく、素通りです。(乗り鉄の旅です

Dscf9544
これは、高台住宅地を作る工事用のベルトコンベヤーです。
山の土をこれで運んで、高台住宅地を作っています。

Dscf9545
震災で被害を受けた建物がまだ残っています。

Img_0066
BRTバスで、気仙沼駅に到着し、ここからは電車が走っていますので、一ノ関まで電車に乗ります。

Img_0070
夕方、暗くなってから一ノ関駅に到着しました。
今夜は、一ノ関駅前のホテルで泊まります。

2014年10月14日 (火)

三陸鉄道乗車記(6)

三陸鉄道の南リアス線に乗った時の動画を見て下さい。

南リアス線は、釜石駅から盛(さかり)駅まで約1時間の行程です。

動画は、釜石駅を出発した部分、途中の吉浜(よしはま)駅付近の海岸の様子、そして終点の盛駅付近の3つの部分です。

10月10日にも南リアス線を紹介していますので、そちらも見ていただくとわかりやすいと思います。

2014年10月13日 (月)

ハルカス300

Dscf9640
先日の土曜日に、あべのハルカスの地上300mの展望台に上がりましたので紹介します。

まず2階のチケット売り場で、上の写真のようにジグザグに並んで、正面のモニターが3つあるところでチケットを買います。

Dscf9641
チケットを買ったら、しばらく歩いてシャトルエレベーターの前で又、並びます。
60人乗りの大きなエレベーターです。(上の写真)

Dscf9645
シャトルエレベータで16階まで行って、ここで又、しばらく歩いて、また、エレベーター前で並びます。

Dscf9646
いよいよ60階まで行くエレベーターの前で又、並びます。

Dscf96491
チケットを買ってから、約30分でやっと展望台に着きました。

Dscf96501

Dscf96521

北面から西、南、東面へと廻っていきます。
さすがに300mから見る景色は、遠くの方はかすんでいてよく見えません。

Dscf96531


Dscf96541

Dscf96551

Dscf96561

Dscf96571

Dscf96591

60階が展望台ですが、58階に3階分の吹き抜け庭園があります。

Dscf9665_1







2014年10月12日 (日)

日曜散歩~庇の続き

Dscf8122
大曇天の朝、日曜散歩に出かけました。
出かけるころは大曇天でしたが、だんだんいい天気になってきました。

風はだんだん強くなってきました。
台風はまだ遠くにいるのですが、その影響のようです。

Dscf8123
しばらく姿を消していたカモが、また帰ってきました。
これからどんどん増えていくことでしょう。

今朝、河川敷へ散歩に行く途中、オヤッ!と驚いたことがありました。

6月20日のボラパソ日記で紹介した「必要な庇と不要な庇」の必要な庇がいつの間にか?ついていました。

Photo

上の写真は、6月20日に「ここに庇が必要!」と指摘した写真です。

Dscf8126
上の写真は、今朝の写真です。
いつの間にか「庇」がついていてビックリ!

建物が完成して、足場をはずしてから、この庇を付けるのは大変な作業なのですが、いつの間にか工事が終わっていて、またまたビックリです。

Photo_3
6月20日の全体写真

Dscf8127
今朝の全体写真

2014年10月11日 (土)

ハルカスの作品展

Dscf96361
ボラパソの個別レッスンで対応した人が、あべのハルカスで絵画の作品展をされていますので観に行きました。

画家の奥さんとの「二人展」で、多くの作品を展示して、販売されています。

近鉄百貨店の11階のアートギャラリーですが、画廊のようなところで作品に値札がついています。

Dscf9670

Dscf9671
せっかくハルカスに来たのですから、展望台に上がってみようと長い行列に並びました。

Dscf9645

Dscf9668
60階 300メーターまで上がります。
エレベーターの中の表示板です。

展望台からの風景など いろいろ写してきましたので、整理して後日紹介します。

2014年10月10日 (金)

三陸鉄道乗車記(5)

Photo
三陸鉄道の南リアス線の乗車の様子を書きます。

Dscf95001_2
遅れたバスがやっと釜石駅に着きました。
上の写真が、三陸鉄道の釜石駅です。
黄色の丸印の部分を写したのが、下の写真です。

Dscf9504
津波は、この高さまで来たそうです。

Dscf9502
三陸鉄道の駅の左隣に、JR釜石駅があります。
その左側に、ホテルが現在建設中です。

Dscf9505
釜石駅ホームに停車中の新しい車両です。

Dscf9507
この新しい車両は、震災のお見舞いとしてクエートから送られた車両です。
車両の車体にこのように書いてあります。

Dscf9508
釜石駅で、私が乗った時は、ガラガラで心配していました。

Dscf9515
ところが、発車直前に多くの人が乗ってきて、満員になりました。
乗ってきた人に聞くと、バス旅行の団体が少しの区間だけ三陸鉄道に乗るそうです。
少し先の駅で、バスが待っていて、そちらに戻っていきました。

Dscf9509
14時11分 釜石駅を発車しました。

Dscf9512
遠くに釜石観音が見えました。

Dscf9517
復興中の釜石港です。

Dscf9521
ふんばれ!ほれい
このあたりは、甫嶺(ほれい)と云うところです。

Dscf9524
「恋し浜」という駅です。
元々は、「小石浜」という名前でしたが、地元の要望でこの字に変えたそうです。

Dscf9527
「陸前赤崎」駅です。
次は、終点の「盛(さかり)」駅です。
乗ってから終点まで、約1時間の乗車でした。

2014年10月 9日 (木)

皆既月食

天文に興味がありますので、昨夜は夕方6時すぎから10時前まで月食を眺めていました。

Dscf80531
18時18分 部分月食の始まりです。

Dscf80621
18時45分 半分ほど月食が進みました。

Dscf80651
19時丁度もうすぐ部分月食は終わって、皆既月食になります。

Dscf8100
20時20分 皆既月食です。

Dscf8104
20時32分 皆既月食終わりです。

Dscf8112
21時20分部分月食です。

Dscf8114
21時35分 部分月食は終わりましたが、まだ欠けているように見えるのは、半影食というそうです。

Dscf8118
21時50分 月食は終わり、満月に戻りました。

2014年10月 8日 (水)

三陸鉄道乗車記(4)

Photo

三陸鉄道乗車記の続きです。
北リアス線の終点の「宮古駅」に着いたところまで書きました。(上の路線図の右の赤丸)

次に、南リアス線に乗るのですが、その間をつなぐJR山田線がまだ不通なので、宮古駅から2つのバスに乗り換えて、南リアス線の始発駅「釜石駅」に行きます。(左の赤丸)

最初のバスは、岩手県交通で、道の駅「やまだ」まで行って、10分後に出発する岩手県北バスに乗り換えます。

Dscf9492
ところが、最初のバスが上の写真のような渋滞に出会って、動かずに止まったままです。

次のバスに乗れなかったら・・・?
どうなるのか?わかりませんが、待つしか仕方ありません。

Dscf9493
40分ほど待って動きだし、やっと道の駅やまだに着きました。(上の写真)

さすが田舎のバスです。
次のバスは、遅れたバスを待っていてくれました。
運転手さん ありがとう!
これで予定通り旅行は続けられそうです。

Dscf9495
ここから釜石までは、まだまだ津波の被害が残ったままです。

Dscf9498
復旧工事も、あちこちで行われています。

次は、南リアスを動画で紹介します。

2014年10月 7日 (火)

栗きんとん

Dscf9629
親戚から丹波の栗をいただきましたので、毎秋の恒例の栗きんとんを作りました。

Dscf9628
ゆでる前に、栗の頭に十字の切込みを入れておくと、皮がむきやすくなります。

Dscf9630
圧力鍋に水をヒタヒタに入れて、蒸気が吹き出したら、弱火で10分で火を止めて自然減圧します。

Dscf9632
ゆで上がったところです。

Dscf9633
十字の切込みを入れておいたので、むきやすくなっています。

皮をむいてから、細かくしますが、少し大きなかたまりが残っている方が歯ごたえがあっておいしいです。

細かくした後、砂糖と水を加えて、弱火でポッテリするまで練り上げます。

Dscf9635
かたく絞ったぬれふきんで、茶巾に絞ります。
1Kgの栗で、10個できました。

家族の批評は、1個が大きすぎると云っていました。

現役のときは、仕事でよく中津川へ行っていましたが、最近は行きませんので、栗きんとんの大きさがわからなくなりました。(言い訳

2014年10月 6日 (月)

ノーベル平和賞

Photo_2

先日の新聞に「憲法9条にノーベル平和賞を」と云う意見広告が載っていました。

早速、意見広告に載っているURLのページを開きますと、上の画像のように、署名をしてくださいと書いてあります。

私は、憲法9条は絶対に守るべきだと思っていますので、早速署名しました。

署名を送ると、折り返し「友達にも紹介してください」と書いた下記のようなメールが届きました。(小さい文字の部分)

友達とシェアする際のメッセージ:

こんにちは。

突然ですが、Change.orgをご存知ですか?

Change.orgは「変えたい」気持ちを形にする、ソーシャルプラットフォームです。

先ほど、 「 世界各国に平和憲法を広めるために、日本国憲法、特に第9条、を保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください please award the Nobel Peace Prize to the Japanese citizens who have continued maintaining this pacifist constitution, Article 9 in particular, up until present.」というキャンペーンに署名しました。

一緒にこのキャンペーンを応援していただけますか?

以下のキャンペーンのリンクからネット上で署名ができる仕組みになっています。

http://www.change.org/p/世界各国に平和憲法を広めるために-日本国憲法-特に第9条-を保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください-please-award-the-nobel-peace-prize-to-the-japanese-citizens-who-have-continued-maintaining-this-pacifist-constitution-article-9-in-particular-up-until-present?recruiter=158700000&utm_campaign=signature_receipt&utm_medium=email&utm_source=share_petition

ご支援を心から感謝します。

キャンペーンを応援してくださる方は署名をお願いします。

2014年10月 5日 (日)

日曜散歩~大きな木

Dscf8048

曇天の朝、日曜散歩に出かけました。
朝から雨が降る予報でしたが、散歩の間は降られずにすみそうです。

河川敷は、上流から吹いてくる風で、少し寒いのですが、それでもジョギングしている人は背中に汗ビッショリでした。

Dscf8052

上流のほうの公園でいつも休憩しますが、この公園のコスモスが満開です。

先週の日曜散歩の記事で約束しました「大きな木」の動画を見て下さい。

2014年10月 4日 (土)

相談会と個別レッスン

Dscf9625

午前中は、パソコン相談会があり、午後は個別レッスンがありますので、センターへ出かけました。

午前中の相談者は、Windows8のパソコンをアップデートしてほしいという相談でした。

アップデートの履歴を見ると、つい最近、アップデートされています。

自動更新になっているので、本人は更新されたことがわからないようです。

アンチウィルスソフトも、しっかり入っていて、ウィルスチェックも行われていて問題ありませんでしたが・・・

このパソコンの動きが遅くて、どうも欠陥商品のようです。
すぐ買ったところへ持って行って、直してもらう必要がありますと伝えました。

午後は、個別レッスンです。
iPhoneで写した写真を、パソコンに取り込む方法を教えてほしいというレッスンです。

Dscf9627

上の写真は、パソコンに取り込み中の画面ですが、iPhoneにいっぱい写真が入っていて、取り込むのに1時間20分ほどかかりました。

動画が多くあって、動画のインポートが始まると、緑のバーはほとんど止まったままです。

iPhoneのストレージの残りを見ると、300Mほどしかありませんでした。

パソコンに取り込んだ後、iPhoneの写真を削除しましたので、ストレージは大きく増えました。

2014年10月 3日 (金)

三陸鉄道乗車記(3)

Dscf9473

一昨日の話の続きです。

菊池さんの話を聞きながら、北リアス線の乗車を楽しんでいました。

Dscf9472

しばらくすると、津波で駅舎も線路も流されてしまった「嶋越(しまのこし)」駅を通りました。

Dscf9474

途中下車したかった駅ですが、時間がないので通過しました。

Dscf9475

車窓から、復興した駅舎を写しましたが、あまりにも近くなのでうまく写せませんでした。

この駅舎や線路が流された様子は、4月30日のボラパソ日記で紹介しましたので、こちら を見て下さい。

大きな被害を受けて、ここまで復興するには大変な苦労があっただろうと想像に難くはありません。

Dscf9478

島越駅を過ぎてから、復興工事中のところを通過しました。

Dscf9479

Dscf9480

復興が終わるまでは、まだまだ時間がかかりそうです。

Dscf9488

久慈駅で乗ってから、約2時間で北リアス線の終点の宮古駅に着きました。

この駅舎が、三陸鉄道の本社です。
菊池さんは、ここに勤務されています。

この先は、JRの山田線がまだ不通なので、バスに乗り換えて、南リアス線まで行きます。

この先の話は、後日に紹介します。

2014年10月 2日 (木)

次は、Windows10

Win101

昨日、ツイッターを見ていますと、mas hamaさんが、次はWindows10だ!と書いておられました。

「10」?・・・「9」じゃないの?

今朝の朝刊で、マイクロソフトが次のOSのWindows10について、報道機関に発表したと報じています。

「Windows9」は、欠番になるそうです。

「Windows8.1が、実はWindows9なんだ!」という人もおられるようです。

「Tecnical Preview版」が、ダウンロードできますので、ダウンロードして使ってみた人から、いろいろ報告されています。

Windows8.1から、一番大きく変わったところは、スタートボタンが復活して、Windows7と同じように使えることです。

Win102_2

上の画像が、スタートボタンを開いた画面です。
やっぱりタイルが出てきますけど、これは非表示にもできるそうです。

現在は、プレビュー版ですが、来年の後半には製品版が発売されるようです。

Windows8.1もまだ充分わかっていないのに、困ったもんですね・・・

2014年10月 1日 (水)

三陸鉄道乗車記(2)

Dscf9461

一昨日の話の続きです。
三陸鉄道の南リアス線に乗った時、親切に説明して下さった男性(菊池さん)にいろいろ質問して、教えてもらったことを紹介します。

三陸鉄道の駅の名前に、陸中宇部とか陸中野田という駅があります。
また、八戸線にも、陸中八木、陸中中野や陸中夏井と云った駅があります。

陸中(りくちゅう)って、どういう意味だろう?と不思議に思っていましたので聞いてみました。

Dscf9466

菊池さんは詳しく説明して下さいました。

>陸中とは、三陸の真ん中という意味です。
 三陸とは、今の青森県の「陸奥(むつ)」と岩手県の「陸中」と宮城県の「陸前(りくぜん)」の三つの地域のことです。

私「なるほど!三陸の意味も陸中の意味もよくわかりました!」

三陸ってどう云う意味?とは思っていませんでしたので、三陸の説明もしていただいて大感激!

いい話なので、この後、三陸鉄道で出会った人々にこの話をしました。
みなさん、いいことを聞いたと喜んで下さいました。

菊池さんに会ってよかった!

ホテルの朝食が遅くて、1時間遅れの列車に乗ってよかった!

これが、9月26日の午前中のことで、この日の午後、陸前高田に行き、津波の被害の様子や復興の様子を見ました。

陸中から陸前へ行ったのですね。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »