フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 2014年4月27日 - 2014年5月3日 | トップページ | 2014年5月11日 - 2014年5月17日 »

2014年5月4日 - 2014年5月10日

2014年5月10日 (土)

まちかどの石造物

Dscf9039
図書館で「高槻 まちかどの石造物」という本を借りてきました。

ボランティア活動をしているセンターの近くに、この本に載っている石造物が3つありますので、早速見てきましたので、紹介します。

Photo
上の地図の左上の赤枠で囲んだところがボランティアのセンターです。

Dscf9025
地図の① 大峰信仰の石燈籠(上の写真)

Dscf9028

Dscf9029
「高槻まちかど遺産」の標識が建っています。

江戸時代、大峰山に参拝する講が各地に結成され、富田には大峰信仰の石燈籠が建てられました。
この石燈籠には、大峰山へ案内する先達の名前が刻まれています。

Dscf9030

Dscf9031
地図の② 蓮如上人御旧跡(上の写真)

昔、戦国時代、蓮如(れんにょ)という偉いお坊さんがおられて、富田の教行寺を作られたり、富田をウロウロされていたそうです。

ウロウロされた所に、石碑が建っています。
上の写真の石碑は、教行寺の前にありますが、隣で工事中なので、どうなるか?心配です。

Dscf9032

Dscf9033
地図の③ 蓮如上人御旧跡(上の写真)

この石碑は、本照寺の近くに建っています。

2014年5月 9日 (金)

本「iPadバカ」(2)

__ibook1

昨日の本の続きです。

iPad には、iBook というアプリがあり、この中にPDFファイルを入れておくと、いつでもどこでも読めますので、大変便利です。

私の iBook の中には、雑誌の付録の電子書籍や自分で作ったテキストを入れています。

昨日の本の「iPadバカ」に、「iBook には、PDF内のキーワードを検索する機能とその意味をウェブで調べる機能がついている」と書いてありました。

ヘェ~ そんな機能があるの?

早速、iBook の中にある私のタブレット講座のテキストを開きました。(上の画像は、iPad で iBook のテキストを開いたところです)

右上の虫眼鏡をタップして、検索窓にキーワード(上の画像では「Wi-Fi」)を入力しますと、その言葉が入っている3ページの文章が表示されました。

次に、意味を調べたいときは、検索ウィンドウの左下の「Web を検索」をタップしますと、その言葉に関するWebページが表示されます。

iBook って、単なる本棚だと思っていましたが、いろいろの機能があることがわかりました。

iPad の奥は深いなぁ・・・

2014年5月 8日 (木)

本「iPadバカ」(1)

Dscf8997

図書館で「iPadバカ」という本を借りてきました。

「iPadバカ」とは、私のことかなぁ・・・coldsweats01と思って読みますと、この著者は「バカになるほど iPad を使い倒した」という意味で書いておられます。

この本を読むと、確かに「使い倒した」というほど使っておられるのがよくわかります。

著者は、自分で800種類以上のアプリを試してみて、いいアプリだけを紹介しておられます。

その中で、ぜったい外せない iPad バカの7つ道具として挙げられているのを紹介します。

1.最強のメールツール:Gmail
2.いつでもどこでも書類を見られる:Dropbox

3.書類を見る、送る:Goodreader
4.情報収集からメモ代わりまで:ツイッター

5.閲覧とスクラップが同時にできる:エバーノート
6.グーグルとヤフーを使い分ける:地図

7.最新情報やレビューをチェック:AppStore・AppBank

以上が、7つ道具です。

私は、Goodreader と AppBank 以外はすべて使っていますので、今後はこの2つを使うようにしようと思っています。

それにしても、この本の著者の「iPad 使い倒し」には驚きました。

1日中 iPad を使っておられる様子です。

2014年5月 7日 (水)

NHKテレビ「三陸鉄道」

昨夜、NHKテレビで「新日本風土記スペシャル」で「涙と夢と三陸鉄道 岩手”三陸鉄道”全線開通三年目の春 出発進行」という番組がありましたので、食い入るように見ました。

多くの方が御覧になったと思いますが、テレビ画面を写しましたので紹介します。

音楽は入れないで、キャプション(文字)も少なくしました。

少しづつ復興していく中で、三陸鉄道の復興は地元の人々にとって大きな喜びであり、その姿を見てうれしくなりました。

この三陸沿岸の人々にとって、鉄道は大変重要なものであり、また、希望の星のような存在であったようです。

それが津波で壊滅的な被害を受けましたが、3年後に見事に復活しました。

地元の人々の笑顔、笑顔をみて、よかったなぁ・・・でもまだまだ復興はこれからだと複雑な気持ちです。

三陸鉄道の北リアス線と南リアス線の間に、JR山田線と云うのがあります。

この山田線は、まだ復旧できていなくて、いつ開通するかわからない状況です。

詳しい事情は知りませんが、第3セクターの三陸鉄道が復旧できたのに、JRの方が復旧できないのはどうしてなのでしょう?

2014年5月 6日 (火)

「算額」って?

Photo

先日ラジオを聞いていると、「算額コンクールで1位になった高校生」というのを紹介していました。

「算額(さんがく)」って何に?

調べてみますと、算額とは江戸時代、額や絵馬に数学の問題や解き方を書いて、神社や仏閣に奉納したそうです。(上の画像)

Photo_2

特に円の中に多数の円を入れる幾何学に関する算額が多かったそうです。

Photo_3

上の画像は、「算額をつくろうコンクール」で金賞(関孝和賞)を貰った中学生の算額です。
(関孝和は、江戸時代の大数学者です)

問題を自分で作って、それを自分で解いて算額を作るのですからすごいです。

私も昔は、幾何学が大好きでしたので、算額の問題を解いてみましたが、なかなか解けませんでした。

幾何学から離れて長年が過ぎていますので、脳が働かないようです。happy02

2014年5月 5日 (月)

「忘れえぬ東北・鉄道風景」

Dscf8994

図書館で、「忘れえぬ東北・ふるさとの鉄道風景」という本を借りてきました。

この本が作られた時の話を読んで、感動しましたので紹介します。

震災後に、鉄道写真家が集い、「なにか被災地を支援できることはないか」と話し合って、この本が作られたそうです。

日本鉄道写真作家協会会員と全国で活躍中の鉄道写真家が無償で写真を提供し、無償で原稿を書かれたという共同作品です。

そして、この本の印税は、海岸線で被害も大きく、第三セクターのため復興が大変な三陸鉄道に寄付されるそうです。

Dscf8996

本に載っている写真は、震災前の美しい風景の中を走る鉄道の姿を集めてあります。

私も、三陸鉄道を支援するため、鉄道に乗りに行く計画をしていますが、その遠さに困惑しています。

三陸鉄道の北の端の駅「久慈」から南へ下ってくる計画ですが、久慈駅へ行くだけで丸一日かかります。

「どうしよう?」思案中です。

2014年5月 4日 (日)

日曜散歩~新緑

Dscf7904

ゴールデンウィークですが、いつもの通り日曜散歩に出かけました。

快晴で、さわやかな朝です。

Dscf7905
河川敷には、ノイバラが咲き始めました。
まだ、咲き出したところですが、もうすぐ、河川敷一面がノイバラで白く染まります。

Dscf7908

新緑に囲まれた河川敷です。

ジョギングやウォーキングの人も気持ちよさそうです。

« 2014年4月27日 - 2014年5月3日 | トップページ | 2014年5月11日 - 2014年5月17日 »