フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 2014年7月6日 - 2014年7月12日 | トップページ | 2014年7月20日 - 2014年7月26日 »

2014年7月13日 - 2014年7月19日

2014年7月19日 (土)

Surface Pro 3発売

Surface_pro31

マイクロソフトのタブレット新製品「サーフェス プロ3」が、7月17日に発売されました。

今までの「サーフェス プロ2」は、10.6型でしたが、新しいプロ3は、12型で一回り大きくなっています。

大きくなってますが、厚みは薄くなって、重さも軽くなったそうです。

液晶の解像度は、高精細になりましたが、ユニークなのは、画面の縦横比が16対9から3対2に変わった点です。
これは、一般的な紙のノートに近い比率だそうです。

そのほか、いろいろ改良点がいっぱいあります。

タイプは5つあって、一番安いタイプで、91,800円です。

一番高いタイプは、202,800円です。ビックリ!coldsweats02

なんだか?タブレットの域を超えているような気がします。

上の写真の赤いキーボードは、カバー兼用で、別売りです。
価格は、12,980円です。

2014年7月18日 (金)

本「そのつぶやきは犯罪です」

Dscf9249_2

図書館で、「その「つぶやき」は犯罪です」という本を借りてきました。

本の副題は「知らないとマズいネットの法律知識」です。

私は、毎日、ブログでつぶやいていますので、目を通しておく必要のある本だと思って借りてきました。

本の初めに、野球をするには野球のルールを、車を運転するには交通規則を知らなければならないようにインターネットの世界で情報をやりとりするにもそれなりのルールがありますと書いてあり、そのあとトラぶったいろいろ実例をあげてわかりやすく説明してあります。

今まで、インターネットのルールを勉強して、それを守るようにしていますが、心配なのは「肖像権」です。

ほとんど毎日のようにデジカメで写真を撮っていますので、肖像権を侵害してないか?気になっています。

というのも、私は肖像権についてもう一つよく理解できてないからです。

少し前に、タレントのトークショウがあって、タレントの写真を撮ろうとしたとき、「撮影はダメです」と言われ、「なぜですか?」と聞いたら「肖像権があるからです」とハッキリ断られました。

タレントや公人は、肖像権なんてない、と思っていました。

それ以降、肖像権ってなに?とよくわからないままに過ごしてきました。

この本によりますと、「肖像権」について具体的に定めた法律はないそうです。

しかし、今までの裁判の中で、誰でもが持っている権利として認められてきて定着していったものということです。

この権利は、有名人だけでなく、誰でもが持っている権利です。

この本によりますと、肖像権についてあまり難しく考えずに、常識的に配慮すべきことをしていればいいそうです。

「公開されたら嫌な写真は公開しない」という単純な話かもしれませんと書いてあります。

この本を読んで、今までモヤモヤしていた「肖像権」についてすっきりしたような気分になりました。

2014年7月17日 (木)

Gメールの怖い話

Cover001

Twitterを見ていますと、フォロアーのmas hamaさんが「怖い話です。Googleに訴訟がいっぱい」という記事を紹介しておられます。

早速、覗いて見ますと、下記のように書いてあります。

Gmailのようなアプリでは通常、証明書のピン留め(Pinning)という仕組みを使ってアプリ内にサーバ証明書をコーディングし、不正な証明書を見分ける仕組みを実装しているそうです。

ところがiOS向けのGmailには、この証明書のピン留めの仕組みが実装されていないことが分かったそうです。

この問題を悪用された場合、攻撃者がユーザーをだまして不正な設定プロファイルをインストールさせる手口でトラフィックを傍受し、偽造証明書を使って暗号化された通信を解読したり、改ざんしたりすることが可能になるそうです。

Android向けのGmailには証明書のピン留めが実装されており、これをiOS版に実装していないのはGoogleの明らかな不手際と指摘されています。

Google側でも問題の存在を確認したにもかかわらず、いまだに脆弱性が放置されているそうです。

 

これが「怖い話」なのです。

 

私も、iOSでGメールを使っていますので心配ですが、今のところはGoogleを信用するしかないと思っています。

2014年7月16日 (水)

フリーハンドGメール

1

昨日の話の続きです。

スマホのGメールでは、フリーハンドで描いたメモを添付できると書いてありましたので、その通りやってみました。

上の画像は、iPhoneでGメールの投稿画面を開いたところです。

まず、① クリップアイコンをタップします。

② 「フリーハンドで描く」をタップします。

③ この部分にフリーハンドで描きます。

アドレスを入れて、送信します。

Photo
上の画像は、昨日カフェから家に送ったフリーハンドのメールです。

送信原稿は、黒線だったのですが、届いたフリーハンドの画像は黒線でなくバケて(?)いました。

まぁ~こんなもんかなぁ・・・coldsweats01

2014年7月15日 (火)

特選街8月号

Dscf9250

新聞に雑誌「特選街」の8月号の広告が載っていました。

特集が、「Google&Gmail自由自在!」と「Windows8.1手取り足取り親切ガイド」と書いてあります。

面白そうな特集なので、本屋さんへ飛んで行きました。

雑誌を買って、いつもの通りカフェで至福のひと時を過ごします。

読んでいて、オヤッ!と思ったのは、スマホのGメールでは、フリーハンドで描いたメモを送ることができると書いてあります。

早速、スマホを開いて、書いてある通りにフリーハンドでメモを書いて、カフェから自宅に送りました。

どんなメールが届いているのでしょう?

フリーハンドでいろいろ描くのは大好きなので、これからはこれを使ってみようと思います。

フリーハンドのメモの送り方は、明日、紹介します。

2014年7月14日 (月)

デジタルデータは消えない

Dscf9247
図書館で、「デジタルデータは消えない」という本を借りてきました。

2~3年前、大相撲で八百長事件があって、その時、力士の携帯電話を押収して調べました。

力士は、押収される前に、メールを消去していたのですが、データ本体はメモリチップに残っているので復元できたそうです。

消したはずなのに復元できる理由は、この本ではわかりやすく説明しています。

そのことをさらにわかりやすく簡単に紹介しようと思いますが、それがなかなか難しいことなのです。

データは、データのアドレス(ファイル管理情報)とデータ本体とに分けて、別々に保存されています。

① データをゴミ箱に捨てますと、アドレスだけがゴミ箱に入ります。

わかりやすく言いますと《人は変わらずにそこに住んでいるけれども、住所表示が変わった》ようなものです。

② ゴミ箱を空にします。
  「ファイル管理情報」に「削除マーク」が付けられます。

《人は変わらずにそこに住んでいるけれども、住所表示の上にシールが貼られた》ようなものなのです。

③ データを復元する

《シールをはがして住所を割り出し、知人に会いに行く》ようなものなのです。

1冊の本の内容をまとめると、以上のようになります。

うまくまとめられなかったので、理解できないかもしれませんが、住んでいる人(データ)は住所表示が変わっても、いつまでもいるので探せば会いに行けるということのようです。

2014年7月13日 (日)

日曜散歩~セミの声

Dscf7962
明け方に降っていた雨もやみましたので、大曇天の中、日曜散歩に出かけました。

涼しくて快適な気温です。

2~3日前から、セミが鳴き出しましたが、今朝も大きな声で鳴いています。


今年まだセミの声を聞いてない方は、こちらで聞いて下さい。
スピーカーの音量は、少し大きくして下さい。

散歩の途中で、雨が降り出してきて、橋の下で雨宿りしていましたが、止みそうにありません。

橋の下で、壁とキャッチボールをして、雨の止むのを待っていましたが、なかなかやみませんので傘をさして帰りました。

ジョギングをしている人たちは、ずぶぬれになって走っておられます。

元気だなぁ・・・coldsweats01

« 2014年7月6日 - 2014年7月12日 | トップページ | 2014年7月20日 - 2014年7月26日 »