フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« iPad専用スキャナー | トップページ | 確定申告提出 »

2015年1月29日 (木)

映画「KANO」

Kano1
野球の映画「KANO」を観てきました。

KANOと云うのは、台湾の嘉義(かぎ)農林学校のことを略して「嘉農(かのう)」と云い、そのローマ字がユニフォームの胸についています。

1931年(昭和6年)に、台湾代表で甲子園に出場して、決勝戦まで勝ち進んだ嘉義農林学校の話です。

Kano2
台湾の中でも弱い学校だった嘉義農林学校に、松山商業で監督をしていた近藤兵太郎という人がきて、特訓をして台湾代表になりました。

当時の台湾は、日本の統治時代で、野球部も日本人、台湾人、台湾原住民が入り混じったチームでしたが、それぞれ得意な面で力を出して強いチームになりました。

台湾から4泊5日で甲子園に着き、甲子園ではどんどん勝ち進んで決勝戦までいきました。

勝ち進むごとに人気は上がって、甲子園の観客はほとんどが嘉義農林学校を応援したそうです。

映画の中で、野球部員に呉波(ごは)という選手の卵がいましたが、この人が阪神で活躍していた呉昌征選手だそうです。

私の子供のとき、呉昌征選手がいたのをよく覚えていますので、選手生命の長い人だったのだなぁ・・・

Kano3

« iPad専用スキャナー | トップページ | 確定申告提出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67526/61049564

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「KANO」:

« iPad専用スキャナー | トップページ | 確定申告提出 »