フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 2014年12月28日 - 2015年1月3日 | トップページ | 2015年1月11日 - 2015年1月17日 »

2015年1月4日 - 2015年1月10日

2015年1月10日 (土)

安いタブレット

Dscf0020

ドン・キホーテで、5,980円のタブレットが売っているとパソコン雑誌に書いてありましたので買に行きました。

タブレットと云えば、どんなに安いものでも2万円以上しますから、5,980円(税別)は破格の値段です。

安いだけにスペックは低いですが、一応タブレットの機能はそろっていますので、子供やシニアにはいいそうです。

買うか買わないかは実物を見てから決めようと思ってドン・キホーテへ行きました。

店内には、いろいろな商品が所狭しとゴチャゴチャ並んでいますので、なかなか見つかりません。

しかたなく店員さんに聞いてみると、このタブレットは売り切れましたとのことです。

生産が間に合わないぐらい売れて、いつ入荷するか?わからないとのことです。

上の写真は、ドン・キホーテのタブレット売り場ですが、売り切れましたとは書いてありません。
どうして・・・?

2015年1月 9日 (金)

フェイスブックのすすめ(2)

Photo

一昨日紹介した聖路加病院の理事長の日野原氏の本「わくわくフェイスブックのすすめ」の続きです。

上の画像は、日野原氏のフェイスブックのトップ画面です。

この本には、大変ためになるいいことがたくさん書いてありますので、全部紹介したいほどですが、それは無理なのでほんの一部だけ紹介します。

《本の抜粋》

・日々の張り合いが人生の時間をのばします

 毎日,何かを見て、楽しいな、いいなと思えるということは、人間にとって、非常に大きな張り合いになります。

 例えば、子供の頃の夏休みは、山に登ったり、虫取りをしたり、海に行ったり、楽しいことがたくさんありました。そうした夏休みは非常に長く感じられたものです。毎日が充実しているから、長く感じたのです。

 ところが、年をとるにしたがって、時間はどんどん早く経つと感じるようになります。ひと夏は一瞬のうちに去り、一年が経つのもあっという間です。やることがない、楽しいことがないという状態だと、むしろ日々は早く過ぎていくように感じるのです。

 ですから、何か楽しみができると、生活が充実して一日を長く感じられるようになります。

 今日はまだまだやりたいことがあるのに、もう夜中の12時を過ぎてしまった、仕方がないから寝よう、という感じです。私も、やりたいことはたくさんあるのですが、体に良くないから寝るという毎日です。

《抜粋終わり》

このようなことがたくさん書いてある本です。

なるほど!
103才で病院の理事長をしておられることがわかる本です。

2015年1月 8日 (木)

治験の開始と大吉

Dscf0081

今日から病院の治験が始まりますので、早くに病院へ行きました。

朝8時半に病院に着いたのですが、待合室はガラガラでビックリ!(上の写真)

診察が始まるのは9時からですし、予約制なので早く来る人はいないようです。

治験の日は、血液検査や血圧測定などいろいろありますので、早くしてほしいと言いましたが、先生の診断がすまないとダメだと言われて、早く行った意味が無くなりました。bearing

Dscf0087
病院の帰り、ジョーシン電機に寄りました。

昨年末に抽選番号の入ったハガキが届いて、正月に当選発表があったのを思い出して、ダメだろう・・・と思いながら行きました。

Dscf0085
上の写真が、当選番号の発表です。当たってるかなぁ?

Dscf0084
なんと!「大吉」が当たっていました。
上の写真の左下、手で持っているのがハガキです。
テレビでももらえるのかなぁ・・・?と思いましたが、500ポイントだけです。

500ポイントではインクも買えません。bearing

でも、新年から大吉とは・・・いい年になりそうです。coldsweats01

2015年1月 7日 (水)

フェイスブックのすすめ

Dscf0080_2

聖路加国際病院の理事長で現在103才の日野原重明さんの「わくわくフェイスブックのすすめ」という本を図書館で借りてきました。

日野原氏は、100才の時にFacebookを始められ、Facebookをやりだしてから、毎日が楽しくてわくわくしていますと書かれています。

「人間は何才になっても創める(はじめる・・・日野原流の言葉)ことをやめなければ、いつまでも若々しくいられます」・・・と書いておられます。

実際に、日野原氏は98才で俳句を創め、99才でストレッチと筋トレを創められ、100才の時に、Facebookのほかに「童話作家になる!」と宣言して、童話づくりを創められました。

Facebookの投稿は、iPadを使って、音声認識機能で入力されているそうです。

日野原氏が最初に教わった投稿の方法は
1.iPadの「メモ帳」をタッチして立ち上げる
2.マイクボタンをタッチして、口頭で文章を入力する
3.文章をタッチして「コピー」を押す
4.フェイスブックの「ステータス」(または「近況」を押して、そこにコピーした文章を貼り付ける(「ペースト」する)
5.「投稿する」を押す

これだけを教わって、Facebookをはじめられたそうです。

氏の生まれた1911年10月4日からの「タイムライン」をつくられて、生後3か月の頃の写真を載せておられます。
「フェイスブックで、100年前の自分の写真を載せている人は、広い世界でも他にいないのではないかと自負しています」・・・と

すごい人がおられるものだと感動しました。

「年をとると、時間が早く過ぎるのはなぜ?」という疑問に、日野原氏が明快に答えておられるのを後日紹介します。

2015年1月 6日 (火)

すごいブログ

Ob

部屋の古い資料を片づけていると、1ヶ月ほど前に送られてきた昔の会社のグループの会報が出てきました。

グループ会社の会報ですから、?万人以上の会員がいて、ほとんど知らない人ばかりなので詳しく読んでいませんでした。

捨てる前に読んでおこうと目を通して、大発見しました。

会報には「私のセカンドライフ」というページがあって、スケッチの好きな人が毎日絵を描いて、ブログで発信している人の投稿が載っていました。

上の画像は、会報の表紙です。
このスケッチは、このブログの人の絵です。

タマちゃんのスケッチブック」というブログで、7年以上毎日欠かさず「スケッチ」と「つぶやき5・7・5」(川柳のようなもの)を描いておられて、毎日1000人ほどのアクセスがあるそうです。

早速、ブログを覗きましたが、すごい上手なスケッチと面白い文との驚くべきブログでした。

感動して、コメントを入れました。

ついでですが、この会報の「私のセカンドライフ」のページに、5~6年前に私のボラパソでのことが載りました。coldsweats01

2015年1月 5日 (月)

仕事始め

Dscf0065

正月休みが終わって、いよいよ今日から仕事始めです。

私の仕事始めは、病院へ行くことです。bearing
今日、病院の検査を受けて、3日後の木曜日に先生の診察を受けることになっています。

木曜から、治験が始まりますので、病院通いの日が増えます。

今朝は、家族も病院へ行く日なので、先に家族を病院まで送って行って、すぐ私の病院へ行きました。

検査が終わって、会計へ行きましたが、まだ時間が早いので窓口に人がいません。

しかたなく、受付でことわって、料金を払わずに、家族の病院へ迎えに行きました。

昼食替りのモーニングを食べて、病院へ料金を払いに行きました。

驚いたことに、駐車場や受付が長蛇の列です。
朝はそれほど混んでなかったので、ビックリです。

上の写真は、いつもの通り病院の7階からの遠景です。

Dscf0066
上の写真は、病院の西側を見たところです。
工事用のクレーンが2つ立っているところが、新しくできるJRの駅です。

新しい駅は、JR茨木駅とJR富田駅間にできます。

クレーンは、駅の工事でなく、駅前のマンションの工事用です。

2015年1月 4日 (日)

日曜散歩~新春

Dscf8247

曇天の寒い朝、新春初の日曜散歩に出かけました。

出かけるときは、寒いと思っていましたが、風もなくおだやかな河川敷でした。

Dscf8248
カモの数が増えています。

カモがもぐって、朝ごはんを食べていましたので、動画を見て下さい。

« 2014年12月28日 - 2015年1月3日 | トップページ | 2015年1月11日 - 2015年1月17日 »