フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 2015年1月4日 - 2015年1月10日 | トップページ | 2015年1月18日 - 2015年1月24日 »

2015年1月11日 - 2015年1月17日

2015年1月17日 (土)

モザイク画を作る

Photo

パソコン雑誌に、モザイク画を作るソフト「キューモス」と云うのが載っていました。

画像を加工するのに興味がありますので早速ソフトをダウンロードして、モザイク画を作ってみました。

上の左の画像が元の写真で、右がモザイク加工した画像です。

Photo_2

ソフトは、こちら からダウンロードして下さい。

Photo_3

ソフトの使い方は、上の画像の「1」にモザイクにしたい写真を指定します。

「2」に画像のフォルダを指定します。
このフォルダの画像がモザイクに表示されます。

「3」をクリックすると、自動的にモザイク画が作成されます。

あっという間にモザイク画ができて、面白い!と思いました。
まぁそれだけですけど・・・coldsweats01

2015年1月16日 (金)

マイ3Dプリンター(3)

D

3Dプリンターのことをブログに書きましたので、この関連の2つニュースが私のパソコンに表示されるようになりました。

1つ目は、3Dプリンターで移植用の臓器を作る研究が進んでいるという話です。

3Dプリンターで臓器を作ると聞いてビックリしました。

大阪大学など5研究グループが移植用の臓器を立体的に作ろうという研究を始め、国はこの研究グループに25億円の研究費を投じます。

臓器の作り方は、上の画像のように、まず最初に iSP細胞を3Dプリンターで立体的に積み上げます。

こうしてできた臓器を動物に移植して効果を確認するそうです。

3Dプリンターで臓器が作れるとは!ビックリです。

D6
2つ目のニュースは、3Dプリンターでスポーツカーが作られたという話です。

今までは、金型を使って車のパーツを作っていましたが、金型を作るのにとても高額の費用がかかります。

3Dプリンターを使うと金型がいらないので、コスト削減になり、デザインの変更も簡単に行えるなとメリットが多くあるそうです。

こんな話を聞くと、これからは3Dプリンターから目が離せない時代になるようですね。

2015年1月15日 (木)

とんど祭り

Dscf0092
朝一番に、三輪神社のとんど祭りに、しめ飾りを持って行きました。

Dscf0094
あいにく朝から本降りの雨が降っていましたが、多くの人が来ておられました。

Dscf0096
数年前までは、神社の境内で盛大にとんど焼きをしていましたが、環境問題で境内では燃やさなくなりました。

テントの下で、燃やせるものと燃やせないものに分別され、燃やせないものは持って帰ります。

私も、鏡餅の上のミカンが燃やせないから持って帰って下さいと言われました。think

Dscf0097
帰り道に近くのお寺の前を通りますと、上のような言葉が貼ってありました。

なるほど!
すごく多くの精子が、たった1個の卵子とめぐり合うのですから誕「生」は「偶然」ですね。

一方、「死」は誰でも死ぬのですから「必然」ですね。
なるほど!

2015年1月14日 (水)

マイ3Dプリンター(2)

Dscf0088

昨日、本屋さんで見た3Dプリンターの本(箱)を買わずに帰ってきましたが、やっぱりほしくなって、今日も本屋さんへ行って、とりあえず創刊号だけ買いました。confident

大きさがわかるようにパソコン雑誌と一緒に写しましたが、上の右の大きな箱が創刊号です。

組み立てマガジンと云う本が入っていて、いろいろ詳しい説明があります。

Dscf0089

今号の部品は、上の画像の右のアクリルの板です。
茶色の保護紙が貼ってあって、これを剥がしますときれいな透明のアクリル板です。

この部品は、3Dプリンターの「テーブルベース」です。
3D印刷された造形物は、このテーブルの上で作られます。

今回は、このテーブルベースに補強板を取り付けるのですが、結構細かい仕事になります。

最初からこれでは、先はもっと細かい仕事になりそうです。

私は、創刊号だけにして、あとは買わないつもりです。

鉄道模型を作った時は、まだ若かったので、細かい仕事もできましたが、今はチョット無理なようです。think

2015年1月13日 (火)

マイ3Dプリンター

D

本屋さんでキョロキョロしていますと、「週刊マイ3Dプリンター」という本(?)が積んでありました。

本と云っても、上の画像のように箱です。

箱の中に、3Dプリンターの部品が入っていています。
毎週発行されるこの箱を買って、中の部品を少しづつ組み立てていきます。

5~6年前に、鉄道模型のジオラマをこの方法で組み立てたことがありますので、3Dプリンターの箱を見て、心が動きました。
(昔、ジオラマを組み立てて、完成した時のブログはこちら
こちらから、1週間前、その1週間前と順にブログを見ていただくと組み立ての様子がわかります)

しばらく箱を手に取って、じっくりと眺めて「買おうか?」「やめとこうか?」思案しました。

3Dプリンターの様なむつかしい機械を私が組み立てられるだろうか?
組み立てられたとしても、3Dのプリントするものがないだろうし・・・?
この本が完了するのは55号で、通常号は1冊 1,998円ですから(創刊号だけ安い)、完了まで約10万円かかります。

・・・等々考えて、買うのは断念しました。crying

でも、組み立ててみたいなぁ・・・
という気持ちはまだあります。

D_2

完成すると、こんな立派なプリンターです。
こんな立派なものの部品が、小さな箱の中に入るのでしょうか?
それだけでも、見たい気持ちになります。coldsweats01

2015年1月12日 (月)

佐賀県知事選挙

Photo

今朝の新聞を見て驚きました。

「佐賀県知事 樋渡氏敗れる!」と大きく載っていました。

樋渡氏と云えば、高槻市で市長室長をしておられて、ボラパソがNPOになるときにお世話になった人です。

「協働」の本当の意味も、この人に教えてもらいました。

市長室長をやめられて、故郷の武雄市に帰られて、武雄市の市長になられました。
市長になられたときは、全国で一番若い市長と云われていました。

樋渡氏は、ブログ、TwitterやFacebookなどを人よりも早くに使って、情報を発信しておられました。

数年前、私がボラパソ日記に樋渡氏のことを書いた時、すぐにコメントが返ってきて、驚いたことがありました。

市長の業績としては、赤字の市民病院を民間に委託して成功したり、図書館をツタヤに運営させるなどなど・・・いろいろのいいことをされています。

その樋渡氏が、佐賀県の知事選に出られて、落選されたのです。

Photo_2

農協が推薦する候補が当選しました。
佐賀県では、新進気鋭の人より農協の推薦する人のほうがいいようです。
残念です。crying

樋渡氏のブログは、こちら を見て下さい。

2015年1月11日 (日)

日曜散歩~工事中

Dscf8261
曇天のあまり寒くない朝、日曜散歩に出かけました。

Dscf8262
いつもきれいに見える青色のアーチ橋が工事中で、シートに覆われています。

Dscf8259
上流の方へ行きますと、阿武山の地震観測所もまだ工事中でブルーシートに覆われています。

Dscf8256
川には、カモやユリカモメなど沢山いますが、珍しく電線にユリカモメが止まっていました。

Dscf8264
帰りに、団地の中を通りますと、こちらも工事中でシートに覆われています。

耐震工事をしているのですが、この団地で100棟ほどの建物がありますので、全部耐震工事するのは大変だと思います。

Dscf8254
帰り道沿いにある住宅の花壇に、こんな札がありました。coldsweats01

« 2015年1月4日 - 2015年1月10日 | トップページ | 2015年1月18日 - 2015年1月24日 »