フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 2015年12月6日 - 2015年12月12日 | トップページ | 2015年12月20日 - 2015年12月26日 »

2015年12月13日 - 2015年12月19日

2015年12月19日 (土)

難読・誤読 駅名の事典

Dscf1344
図書館で、「難読・誤読 駅名の事典」という本を借りてきした。
面白いので、一部紹介します。

最初に前書きの一部を紹介します。
「その地域に住んでいる人にとっては普通に読める駅名でも、他の地域の人にとってはどう読んだらいいのか戸惑う駅名が少なくないのである。

たとえば、関東に住んでいる人は、山手線の「日暮里(にっぽり)」駅や「御徒町(おかちまち)」駅、青梅線の「福生(ふっさ)」駅を読めない人はほとんどいないだろうが、他地域に住む人にとってはこれがけっこう難しいのである。

同じように、関西在住の人にとって「枚岡(ひらおか)」駅や「交野(かたの)」駅、「放出(はなてん)」駅などは常識の範囲だろう。だが、関東の人でこの駅名をスムーズに読める人はわずかしかいない。」(以下略)

10月の乗り鉄の旅で通った難読駅もこの本に載っていますので紹介します。

Photo
銚子電鉄

「笠上黒生(かさがみくろはえ)」駅
 ・駅は笠上町にあるのに、駅名を笠上黒生としたのは、隣接する黒生町が「黒生瓦」という日本有数の瓦の産地だったことによる。

「犬吠(いぬぼう)」駅
 ・犬吠埼には、源義経が奥州へ逃れる途中、岬に残した愛犬が3日3晩吠え続けたという伝説がり、駅名はその岬に由来する。

Photo_2
いすみ鉄道

「新田野(にったの)」駅
 ・野原(原野)を開拓して新しい田畑を切り開いたことに由来する。

Photo_3
小湊鉄道

「海士有木(あまりき)」駅
 ・「海士」は漁夫が住む集落があったことに由来し、「有木」は戦国時代に有木城があったことに因む。

「飯給(いたぶ)」駅
 ・当地には、壬申の乱に敗れて逃れてきた大友皇子の一行に村人たちがご飯を差し上げた(飯を給うた)という伝説が残っており、駅名はこれに由来する。

本の紹介は終わって・・・
上の路線図に、「上総○○」という駅がたくさんありますが、「上総」は「かずさ」と読みます。

千葉県のこの房総半島の一部を昔は、「上総」と云っていたそうです。
このことは、また、後日詳しく紹介します。

2015年12月18日 (金)

加島屋と広岡浅子展

Dscf1318_fotor

NHK連続ドラマ「あさが来た」の主人公「白岡あさ」のモデルとなった広岡浅子の展示を観てきました。

大同生命大阪本社の2階のメモリアルホールで開催されています。(この情報は、12/8のコメントで、rosyさんよりもらいました)

Dscf1319_fotor

Dscf1320_fotor

Dscf1325_fotor
メモリアルホールというのは、ヴォーリズ設計の大同生命の旧ビルの豪華な内装を再現してあるホールです。

Dscf1321

Dscf1323
上の画像は、ヴォーリズが描いたホールのスケッチとヴォーリズと大同生命の関係を説明したパネルです。

Dscf1326

Dscf1322
上の画像は、ヴォーリズが設計した旧ビルの模型と写真です。
昔、会社勤めのとき、仕事でこのビルに何度か訪れて、古い旧式のエレベーターに乗ったのを覚えています。


Dscf1327
この旧ビルの8階から屋上の外壁のレリーフが敷地内に保存されています。

Dscf1329

Dscf1331
早速、外へ出て保存されている外壁を見ました。 
これは、テラコッタと呼ばれる化粧陶板です。

Dscf1328
この旧ビルをヴォーリズが設計した経過がわかって大変参考になりました。
というのは、ヴォーリズは浅子の娘婿となった広岡恵三の妹・一柳満喜子の夫なのです。

ヴォーリズと一柳満喜子との出会いもわかって、永年の疑問が解けた気持ちになりました。coldsweats01

Photo
また、展示を見て、五代友厚との関係もわかって参考になりました。

昔々に卒業した大学から「五代友厚の銅像を校内に建てるので寄付してほしい」との通知が先日届きました。

「五代友厚?誰?」こんな人は知りませんでした。

通知を読むと、大阪に貢献した偉い人だとまでわかりましたが、今日の展示を見て、広岡浅子と深い関係があったと知って驚きました。

広岡浅子展で、ヴォーリズと五代友厚の関係を知って、大変有意義な展示でした。

2015年12月17日 (木)

映画「サクラダ・ファミリア」

Photo
映画「創造と神秘のサグラダ・ファミリア」を観てきました。

サグラダ・ファミリアというのは、スペインのガウディ設計の教会です。

工事を始めてから133年になるのですが、まだ工事中です。

完成まで、300年かかるだろうと云われていますが、ガウディの没後100年にあたる2026年には完成させたいと頑張っているところです。

Photo_2
でも、映画を見た限りでは、まだまだかかりそうです。
ガウディも「神は急いでおられない」と云っていますし・・・coldsweats01

映画の内容は、工事中の教会の中の様子などが詳しく紹介されています。

Photo_3
日本人の外尾悦郎という彫刻家が現場で頑張っておられす。
外尾さんの話では、「ガウディを見つめるのでなく、ガウディが見たものを見るべきだと考えを切り替えたのが大きな転機になった」そうです。

それにしても、すごい建物で、本当に完成するのだろうか?と思うほどです。

2015年12月16日 (水)

もっとわかる!Windows10(3)

Photo

パソコンにUSBメモリーを差し込むと、自動再生のメニューが出るようになっています。

私のパソコンも今までは、自動再生のメニューが出ていたのですが、Windows10にアップグレードしてから、そのメニューが出なくなりました。

メニューが出なくても、それほど不便ではありませんが、USBメモリーを読み込んだということがわかる方がいいので、メニューが出る設定にしました。

その設定の方法を紹介します。
上の画像のように、「設定」で「デバイス」を選びます。

Photo_2
「デバイス」で「自動再生」を選びます。

Photo_3
「リムーバブルドライブ」の下向き▼から下図のように設定します。

Photo_4

Photo_5
メモリーカードも上のように設定して、これで設定は終わりです。

メモリーカードも、「フォルダを開いてファイルを表示」を選んでもいいです。


2015年12月15日 (火)

もっとわかる!Win10(2)

Photo
先週の月曜日の続きで、Windows10の便利な使い方を紹介します。

Windows10には、画面の文字を読みやすくする「Clear Type(クリヤータイプ)」という機能が搭載されています。

「設定」から「システム」を開きます。(上の画像)

Photo_2
次に、「ディスプレイ」で「ディスプレイの詳細設定」を選びます。

Photo_3
次に、「関連設定」の中の「Clear Typeテキスト」を選択します。

Photo_4
「テキストチューナー」が表示されますので、「次へ」

Photo_5
次の画面の最も読みやすいものを選んで、「次へ」

Photo_6
これを数回繰り返しますと、最も読みやすい画面に設定できます。

これは、年寄りにとって大変いい機能だと思います。coldsweats01

2015年12月14日 (月)

気に入りましたか?

Photo


今日、Windows10のパソコンを使っていとき、妻が「お茶が入ったよ!」と呼ぶので、パソコンをスリーブにして階下へ降りて行きました。

お茶を飲んだ後、スリーブのパソコンのスイッチを入れると、上のようなロック画面が出てきました。

今まで見たことのないロック画面で、右上に「お気に入りましたか?」と表示されています。

Photo_2
面白い画面なので、「お気に入りました」をクリックしますと、上の画像のように「ご意見をお送りいただきありがとうございます。いただいたご意見は近い将来の機能改善に役立てさせていただきます。」と返事が返ってきました。

Windows10は、まだまだ機能改善が行われるのだとわかりました。

2015年12月13日 (日)

日曜散歩~暖かい

Dscf1286
暖かい快晴の日曜日の朝、散歩に出かけました。

Dscf1287

Dscf1297
青いアーチ橋の左のマンションは、ほぼ出来上がったようです。

Dscf1288
河川敷の堤防の上を、老人の団体が歩いておられます。

Dscf1290
先頭からしっぽまで長い長い列になっています。

Dscf1296
カモが元気にもぐったりして、水しぶきがあがっています。

Dscf1303
今朝は暖かくて、歩いていると、汗が出てきました。
先日100円ショップで買った温度計を散歩に持って行きました。

気温19℃ 湿度54% どちらも「快適」のゾーンです。

« 2015年12月6日 - 2015年12月12日 | トップページ | 2015年12月20日 - 2015年12月26日 »