フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

クリエーターズアップデート

Dscf1639

Windows10の次のアップデート「クリエーターズアップデート」が発表されました。

つい最近「アニバーサリーアップデート」があったばかりですが、来年前半に「クリエーターズアップデート」が行われます。

アップデートの内容は、3D(3次元)を簡単に使える新しいアプリ「ペイント3D」が搭載されます。

このアプリで作った3Dの作品は、フェイスブックに投稿できます。

また、パワーポイントでも3Dデータが扱えるようになります。

Dscf1640
前回のアニバーサリーアップデートで追加された「ウィンドウズインク」のスケッチパッドでは、直線を引く定規がありましたが、今度は分度器が追加されます。(上図)

また、「フォト」アプリでは、手書きができるようになります。(上図)

2016年11月29日 (火)

大先生の研修会

Dscf16101

毎年研修をしていただく三辻先生の研修会が行われました。

最初に、ボラパソの2人がタブレットの模擬講座をしました。

その後、先生の講評があって、2人とも好評でした。

Dscf1622

そのあと、「接遇」など講座をするうえで注意することをいろいろ聞きました。

Dscf1623

Dscf1624

内容は、画面を見て下さい。

Dscf1627

また、若者のパソコン離れの深刻な問題について、詳しく話を聞きました。
パソコンを大いに活用しなければならない若者が、最近、スマホを使って、パソコンは使わなくなっているそうです。

2016年11月28日 (月)

JR飯田線(4)

Photo

飯田線の話の続きです。

上の路線図を見て下さい。

大嵐(おおぞれ)駅~佐久間駅の間の赤いルートが、現在の飯田線です。

赤いルートは、天竜川から大きく離れています。

この迂回は、1950(昭和31)年の佐久間ダムの建設により、このルートの旧線がダムに沈んでしまったからです。

青い点線のルートが旧線です。

この旧線のことを書いてある本はないかなぁ~と図書館で探しました。

Dscf1595
「鉄道廃線跡を歩く」という本に飯田線の話が載っていましたので借りてきました。

Dscf1596
旧線の跡を歩くことができるか調べてみましたが、旧線のほとんどがダム湖に水没していて、歩くことは無理です。

Dscf1597
ダムの渇水期には、水面に姿を現すことがあるそうです。

2016年11月27日 (日)

日曜散歩~雨

Dscf1605

雨の降る静かな日曜日の朝、いつもの日曜散歩は無理かなぁ~と読書していました。

しばらく読書して外を見ますと、それほどの雨ではないし、体を動かしたくなりましたので、傘をさして散歩に出かけました。

Dscf1606

Dscf1607

Dscf1608

さすがに、河川敷をジョギングや歩いている人はおられませんでした。

静かな河川敷を少しだけ歩いて帰って来ました。

ゆっくりとした時間が流れる雨の日曜日の朝、おだやかな気分を味わいました。

2016年11月26日 (土)

飯田線(3)

Photo_4

飯田線の話の続きです。

断崖絶壁が続く天竜川沿いでは、集落近くに駅をつくることは不可能でした。

アイヌの人たちの測量隊が苦心して作ったルートは、集落から遠く離れた所に駅を作らざるを得ませんでした。

このために駅の近くに人家がない「秘境駅」と呼ばれる駅がいくつも出来ました。

Photo_5
飯田線には「秘境駅」が6つあります。

Photo_6
上の写真は、田本駅で、ホームは狭く、ホームのうしろはコンクリートの擁壁が切り立っています。

秘境駅なので、いつもはホームに人はいませんが、写真は臨時列車「秘境駅号」で見学に来た人であふれている様子です。

Photo_7
上の写真は、小和田駅で、雅子皇太子妃の旧姓と同じ文字で話題になった駅です。

この駅も、秘境駅で、駅の近くに人家はまったくありません。

飯田線に乗って、6つの秘境駅めぐりをしたいと思っても難しいそうです。というのは、電車が3時間に1本しかありませんし、駅の周辺は何ものありませんので、とても3時間は待てないそうです。

納得!

2016年11月25日 (金)

インフルエンザ

Dscf1604

インフルエンザの予防接種を受けに行きました。

先月、病院の診察を受けた時に、予防接種の予約をしまして、今日受けました。

毎年受けていますが、いつも大混雑で長い間待たされます。

午後2時半に受付開始と聞いていましたが、早く受付してもらうと早く接種してもらえるので、1時半に行きましたが、それでも7番目でした。

Dscf1599
待っている間、いつものように7階でコーヒーを飲んでゆっくりしました。

Dscf1600

Dscf1601

Dscf1602

7階からの眺めを見て下さい。

2016年11月24日 (木)

JR飯田線(2)

Photo

昨日の飯田線の続きです。

昨日の路線図が見にくかったので、もう少しわかりやすい路線図を探しました。

地図を見ると、よくわかるのですが、路線図でわかりやすいものは見つかりませんでした。

飯田線は、1890年(明治30年)の開業ですが、線路を作るための測量は、けわしい地形のためままならず、困り果てた経営陣は北海道や樺太の鉄道で実績のあるアイヌ民族の技師を旭川から招き、測量を要請しました。

アイヌの人たちによる十数人の測量隊は、2年がかりで見事に測量を成し遂げました。

断崖絶壁が続く天竜川沿いでは集落近くに駅を設置し、線路をつないでいくことは不可能でした。

集落から遠く離れた位置に駅を設けざるを得なかったので、現在、「秘境駅」といわれる駅ができました。

飯田線には、6つの有名な秘境駅があります。

秘境駅については、明日、紹介します。

2016年11月23日 (水)

JR飯田線(1)

Photo

旅行会社から、「旅の友」という小冊子が毎月送られてきます。

この小冊子には、鉄道のエッセイが載っているので、毎月楽しみにしています。

今月号は「秘境駅への長い旅」というタイトルで、JR飯田線の話が載っていました。

飯田線というのは、諏訪湖の近くの長野県の辰野駅から天竜川沿いにウネウネと蛇行して愛知県の豊橋駅までの路線です。

上のイラストの右上にその路線が描いてあります。

先月の乗り鉄の旅で、この路線の近くまで行ったのですが、その時はこの路線のことを知りませんでした。

知っていたら・・・??? 残念!

全長195.7Km その間に、92もの駅があります。

鈍行列車に乗ると、約6時間かかります。

食通には、おすすめできない路線だそうです。

というのは、山國だから郷土食と云えば昔から、ザザムシ(カゲロウの幼虫)、蜂の子、イナゴが「三大名物」だそうです。

こんなのあまり食べたくないなぁ~

秘境駅の話や佐久間ダムに沈んだ路線の話など面白い話はまだまだ続きますので、明日以降紹介します。

2016年11月22日 (火)

SPIって?

Dscf1549

本屋さんの棚をキョロキョロして、なにかいい本はないかなぁ~と探していますと、上の写真のように「SPI」という本がたくさん並んでいました。

パソコンの近くの棚ですから、パソコン関係の本かなぁ~

本の中を見ますと、いろいろな問題が書いてあります。

何かの試験の問題集です。

ネットで調べて見ますと、学生が就職するときの試験の問題集です。

リクルートが出版していて、多くの企業が採用しているそうです。

問題の中身は、能力試験と適性検査とがあるそうです。

昔は、就職のために勉強なんてしませんでしたが、今はたいへんなんですね。

2016年11月21日 (月)

年賀状用のスケッチ

Photo

年賀状に使うスケッチを描きました。

毎年、乗り鉄の旅の一場面のスケッチを描いて、年賀状と昔の会社のOB会報の原稿に使っています。

今年も、どの一場面にしようかなぁ~と考えましたが、結局、姨捨駅舎になりました。

昔のスケッチは、細かい点もきっちり描いていましたが、最近、根気がなくなって、ええ加減な絵になっています。

とりあえず、スケッチができましたので、次はOB会報の原稿作りです。

その次が、年賀状です。

年末は、忙しいなぁ~

2016年11月20日 (日)

日曜散歩~暖冬

Dscf1582

暖かい朝、日曜散歩に出かけました。

ラジオでは、今朝の気温は、平年より6度も高いと云っています。

散歩していますと、汗がにじんでくる程です。

空は、どんよりとした灰色の雲でおおわれています。

Dscf1591

Dscf1593

提防の上の紅葉も色づいてきました。

Dscf1588

Dscf1587

カモたちも、どんどん増えてきました。

2016年11月19日 (土)

パソコン相談会

Dscf1579

第3土曜日で、パソコン相談会が行われる日なので、朝からセンターへ出かけました。

あいにく、雨が降ったりやんだりのうっとしい朝ですが、雨の合間に自転車で出かけました。

センターの前まで来ますと、前の道路が大渋滞です。

センターの前の歩道橋に上がって、写真を写しました。

Dscf1580
待ってられん!と横道に曲がる車もありました。

Dscf1581
今日のパソコン相談会は、悪天候にかかわらず、大盛況です。

私は、毎週来られる短歌作りの人の相談を受けました。

2016年11月18日 (金)

友人の訃報

Photo

今年も、喪中のハガキが届きました。

大学の同級生が9月に永眠したので、年末年始の挨拶は遠慮しますという奥さんからのハガキです。

ビックリしました。

体調は良くないと聞いていましたが、7月までメールのやり取りをしていましたので、まさか?と驚きました。

いつもこのボラパソ日記を読んでくれていて、時々「難しいこと書くな!」とメールしてくる親友です。

東京に住んでいますので、最近は会うことがありませんが、同窓会では会っています。

最近、いつまでメールをやり取りしていたかなぁ~と調べますと、7月4日まで難しいメールを送ってきていました。

本人の了解をもらってませんが、同級生F君の最後のメールを読んで下さい。

【F君からの最後のメール 2016/7/4

先日送付して貰った、資料を基に「メディア作成ツール」を

ダウンロードすることにしました。

USBメモリーを新しく購入するのはバカらしいので、以前

使っていて今は全く用のないメモリーをフォーマットして使って

見ることにしました。

容量は3.72GBなので多分間に合うだろうと思いました。

フォーマット比較的簡単に出来ました。

まずmicrosoft.comでダウンロードしようとしたのですが、

添付されていたマニュアル通りに画面がすすまず、大分

難航しました。

次にpc-karuma.netで試みたところ比較的順調に進み、

約1時間ほどでダウンロードできました。

メモリーの残量を調べると空き領域232MB/3.71GB

となっており、ぎりぎりセーフでした。

何かの時の参考になればと、詳細をお知らせしました。

ツールが出来たので、とりあえず世間の様子を見ながら

Windows7を使うつもりです。

色々有難うございました。》

最後の「色々有難うございました。」が、本当に最後の言葉になりました。

 

2016年11月17日 (木)

認知症講座

Dscf1571

ボランティア活動をしているセンターで、「認知症サポーター養成講座」が開かれましたので、参加しました。

Dscf1573

国内で、認知症の人は462万人おられて、それ以外に軽度認知障害という人が400万人ということを聞きました。

65才以上の人の15%は、認知症だそうです。

次に、普通のもの忘れと認知症のもの忘れとは違うという説明を聞きました。

例えば、昨日の夕ご飯は何を食べたか忘れたのは普通のもの忘れで、昨日の夕ご飯を食べたかどうかを忘れたのは認知症だそうです。

認知症も、早期発見、早期治療が重要で、治る認知症もあり、治療薬もあるそうです。

認知症の予防のポイントは、

1.生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病)を放置しない
  食生活の改善
  ・食塩をとりすぎない
  ・野菜や果物を積極的にとる
  ・などなど(どこにでも書いてあることなので省略します)

2.適度な運動を心がけよう(ウォーキングがいい)

その他、実にいろいろのことを教わりました。

Dscf1576
上の写真は、認知症サポーターを示すリストバンドです。

2016年11月16日 (水)

昼食会

Dscf1562

Dscf1563

今日は、朝から夕方まで、親戚の一族が集まって昼食会がありました。

Dscf1564

Dscf1565

昼食後、親戚の家の近くをブラブラして、紅葉を眺めました。

Dscf8789

Dscf8785
14日のスーパームーンは見られませんでしたので、昨夜見るつもりでしたが、忘れて寝てしまいましたので、今朝、早く(5時50分ごろ)に思い出して空を見上げました。

雲は出ていましたが、西の空にお月さんが見えました。

Dscf8784
満月の十五夜の翌日のお月さんは、十六夜(いざよい)の月と云いますので、スーパームーンならずスーパーいざよいムーンですね。

2016年11月15日 (火)

IoTの本(3)

Dscf1548

図書館で借りてきた IoTの本の2冊目の紹介です。

 

「はじめてのIoTプロジェクトの教科書」という本です。

「IoTとはなにか」という本は、たくさん刊行されていますが、IoTを事業として始めるための本はほとんどありません。

この本は、IoTで事業を始める際の基盤となる知識が書いてあるそうです。

最初に、面白いと思った記事は、「スマホで世界が変わった」という記事です。

《キリスト生誕前を紀元前(B.C.Before Christ)紀元後(A.D.Annoy Domani)と言うように、Beforeスマホ、Afterスマホという造語を使ってもいいのではと思うほど、IoTに関わるものにとって忘れてはならない転換点だ。》

次に、注目する記事は、

《「シンギュラリティ」って言葉を知っているかな?日本語でいうと「特異点」。人より機械の方が賢くなっていって、2045年頃には機械の方が人より多くのことを判断する状態になっているという説がある。下手したら、機械が人間を支配しているかもね。》

この本は、すごくいろいろなことが書いてありますので、少しづつ紹介します。

2016年11月14日 (月)

スーパームーン

Photo

11月14日、今夜はスーパームーンが見られるというので期待しているのですが、天候が悪くどうもお月さんは現れないようです。残念!

スーパームーンというのは、月が地球に近づくタイミングと満月が重なると月が大きく見える現象です。

4月にもスーパームーンはあったのですが、今日のスーパームーンはその時より30%大きいそうです。

超スーパームーンと云います。

今日の大きさは、68年ぶりということです。

今夜の満月になる時間は、22時52分ですが、多分、お月さんは出てきませんので、このブログの左サイドの「お月さん」を見て下さい。

2016年11月13日 (日)

日曜散歩~小春日和

Dscf1555

雲一つない大快晴の朝、日曜散歩に出かけました。

散歩していると、汗が少しにじんでくるほどの温かさです。

小春日和です。

Dscf1556

Dscf1557

河川敷の紅葉は美しく色づいています。

Dscf1558

Dscf1559

Dscf1560


2016年11月12日 (土)

IoTの本(2)

Dscf1550_fotor

昨日の話の続きです。

上の画像はピンボケで申し訳ありませんが、「国内IoT市場の規模」を示したグラフです。

2014年は、9兆円だった市場が、2019年には、16兆円に伸びるという予想です。

今日紹介するIoTの事例は、「薬にセンサーを埋め込み、飲み忘れを防ぐ」です。

《大塚製薬は、1ミリメートル四方のセンサー搭載のシリコン製チップを埋め込んだ飲み薬を、新薬として申請している。

2015年9月から米食品医薬局が審査中だ。

服用者が何時に薬を飲んだかなどのデータをスマホなどで見られる。》

私「飲み込んだセンサーは、どこへ行くのだろう?」

次の事例は、「ロボットが遠隔から園児の体温を計測」です。

《都内の「にじいろ保育園」は、2015年10月に見守りロボット「MEEBO」を導入。

赤外線カメラによる園児の体温計測機能を2016年中に搭載する。》

この本には、このような事例が、200近く紹介されています。

これを見ると、世の中はどんどん変わっていくように感じます。

2016年11月11日 (金)

IoTの本(1)

Dscf1546

図書館の棚を眺めていますと、IoTの新しい本が2冊並んでいました。

きれいな新品という感じの本です。

2冊借りてきましたので、紹介します。

Dscf1547

今日は、左側の本「IoTビジネス」を紹介します。

IoTとは、Internet of Things の略で、「モノのインターネット」と訳されています。

電気製品などがインターネットに繋がっていて、データをやり取りして新しい価値を生み出すことです。

簡単な例では、クーラーがインターネットに繋がっていて、外出先からクーラーをつけたり消したりできることです。

この本には、「未来を創るIoT事例」として、たくさんのことが紹介されています。

今日紹介するのは、「お風呂場のセンサーが命を救う」という事例です。

《高齢者が入浴中に急死する事故は、年間1万件以上。この事故を防ごうと、制御機器メーカーの旭光電機は「浴室用見守りセンサー」を開発している。

風呂場に設置し、高齢者の溺水を防止する。

LDE素子が発する近赤外線で入浴者の姿勢の位置を調べ、溺水や転倒などを検出する。

2016年中に商品化の予定だ。》

あと2~3の事例を明日紹介します。

2016年11月10日 (木)

PDFはEdgeで閲覧

20161109

Windowsで、PDFを開くときは、「Adodeリーダー」などのPDFビュアーが必要でしたが、Windows10では、EdgeでPDFが読めます。

Edgeには、PDFビュアー機能が搭載されているのです。

ということを、本で読みましたので、私のパソコンに入っている「Adodeリーダー」をアンインストールしました。

アンインストールした後、PDFファイルを開きますと、Edgeが立ち上がって、PDFファイルを表示してくれました。

上の画像は、昔作ったFacebook入門のテキストのPDFを開いたところです。

20161109_1

テキストですから、多くのページ数がありますが、問題なく閲覧できました。

Adodeリーダーは、いらない時代になったようです。

2016年11月 9日 (水)

古本屋めぐり

Dscf1540

家族を病院へ送り迎えした後、江坂の古本屋さんへ行きました。

古本を売ったり、買ったりして、古本屋さんの中をウロウロしていました。

上の写真は、古本屋さんのビルの外観です。

Dscf1541

Dscf1542
上の写真は、古本屋さんの入り口です。

Dscf1543
上の写真は、古本屋さんの店内を吹き抜けの上から見たところです。

Dscf1544
上の写真は、古本屋さんの2階の店内です。

2016年11月 8日 (火)

「桜ほうさら」(2)

Dscf1538

昨日の話「桜ほうさら」の続きです。

笙之介の「父の汚名をそそぎたい」という思いは、一応解決して、話は最後の場面を迎えます。

笙之介と和香が話し合っています。

和香「あの桜を振り出しに、短い間にいろいろありましたね」

笙之介「ささらほうさら」

和香「え?」

笙之介「いろいろあって大変だった。そえ殿のおくにでは、それをこう云うのだそうです」

※そえ殿とは、笙之介の先生の奥さんで、そのお国の言葉は甲州(山梨)弁です。

ささらほうさら と和香も小さくつぶやいた。

そして花が咲くような笑顔になった。

「私たちの場合は少し違うみたい。〈さくらほうさら〉じゃありませんか」

桜が縁で、桜の精に会い、笙之介は今、こうして肩を並べている。

「なるほど、和香さんらしい。きれいな地口(じぐち)です」

この後、数行で長編小説は終わります。

笙之介と和香が結ばれて、ハッピーエンドで終わるのかと思っていましたが、宮部みゆきはそんな終わり方をする作家ではないようです。

「ささらほうさら」をネットで調べてみますと、甲州弁で「めちゃくちゃ悪いことが重なる状態」という意味だそうです。

2016年11月 7日 (月)

「桜ほうさら」(1)

Photo

数日前から、「桜ほうさら」という本を読んでいます。

宮部みゆき著の長編時代小説です。

上の下手な絵のように、厚み3cmもある605ページの分厚い本です。

宮部みゆきの本は面白くて、読み始めるとやめられません。

古橋笙之介(しょうのすけ)という若い(23才)主人公が、父の汚名をそそぎたいという思いを胸に秘めて、上総(かずさ)の国(千葉県)から江戸へ出てきて、いろんなミステリアスな事件に巻き込まれます。

父の汚名というのは、父があらぬ嫌疑をかけられて、自ら命を絶つという悲劇のことです。

大きな商店の娘さんの和香(わか)という人といい仲になりつつあり、人生の切なさやほろ苦さを味わいますが、笙之介の住んでいる長屋の人々の温かさにすくわれています。

「桜ほうさら」の意味は、最後に出てくるようです。

今日中に、全部読み終わりますので、「桜ほうさら」の意味は、明日紹介できると思います。

2016年11月 6日 (日)

日曜散歩~紅葉

Dscf1530

曇天の少し寒い朝、日曜散歩に出かけました。

先週、手袋を持って行かなくて後悔しましたので、今朝は手袋を持って行って正解でした。

しかし、少し歩きだすと手袋はいらないほどの寒さです。

Dscf1534

Dscf1535

対岸の紅葉も少しずつ進んできました。

Dscf1536

Dscf1537

カモたちも少しずつ増えてきました。

季節のうつろいを感じる河川敷です。

2016年11月 5日 (土)

パソコン相談会

Dscf1528

第1土曜日は、パソコン相談会がありますのでセンターへ出かけました。

Dscf1527

今日、私が担当した人は、最近毎回来られる人です。

若い時から短歌を作っていて、それらをまとめた冊子を作りたいという人です。

よく頑張る人で、ほぼ形は出来ています。

今日の相談は、ページ設定の細かいことを知りたいということでした。

それと、短歌の冊子を使って子供の教育に使う予定なので、すべての漢字にルビを振りたいということでした。

1語句ごとにルビを振るのはたいへんなので、1ページまとめてルビを振る方法を探しましたが、見つかりませんでした。

それで、1ページすべてを選択して、ルビを設定しましたが、1ページ全部は無理で、数行はまとめてルビを振ることができました。

半分、成功!です。

Dscf1529
センターの脇の樹が、秋色に色づいていました。

2016年11月 4日 (金)

ウィンドウズインク(2)

Photo

昨日の続きです。

① 付箋は、メモを書いてデスクトップに貼りつけておきます。(上の画像)

付箋の大きさや色は自由に選べます。

いらなくなったら、ごみ箱に捨てます。

Photo_2
② スケッチパッドは、マウスやタッチパネルで絵を描くアプリです。

最初の画面の風車は、ごみ箱で消します。(上の画像)

Photo_3
③ 画面スケッチは、パソコン画面にいろいろ描き込んで保存できます。(上の画像)

定規を使って直線を引く機能もあります。

定規の角度の角度を変えるときは、マウスを定規の上に持って来て、マウスホイールを回転します。

2016年11月 3日 (木)

ウィンドウズインク(1)

Photo

8月にリリースされたアニバーサリーアップデートの新機能に「ウィンドウズインク」という手書き機能があります。

使いましたか?

まだ使ってない方に使い方を紹介します。

タスクバーの何もないところを右クリックして開くメニューで「Windows Inkワークスペースボタンを表示」をクリックします。(上の画像)

Photo_2
通知領域に「ウィンドウズインクワークスペース」のアイコンができます。(上の画像)

Photo_3
このアイコンをクリックしますと、画面の右側に大きな「アプリ起動パネル」が現れます。(上の画像)

使えるアプリは、3種類で、1.付箋 2.スケッチパッド 3.画面スケッチ です。

この3種類の使い方は、明日紹介します。

2016年11月 2日 (水)

乗り鉄の旅 最終回

Dscf8773

乗り鉄の旅の続きです。

野辺山駅から、小海線に乗って、小海線の終点 小淵沢駅に着きました。

小淵沢駅で、有名な駅弁「元気甲斐(かい)」を食べるのを楽しみにしていましたので、駅弁売場を探しましたが、見つかりませんでした。

改札口を出ると、見つかるかもしれませんが、次は中央本線に乗り換えて、塩尻まで行きますので、駅弁はあきらめました。

Dscf8772
ホームからふと外を見ると、皮肉にも「元気甲斐」という大きな広告が目に入りました。

Dscf8776

Dscf8777
塩尻駅で特急「あづさ」50周年記念という電車の形をした駅弁がありましたので、それを食べました。

Dscf8778
塩尻駅で特急「しなの」に乗り換えて、名古屋へ向かいます。

名古屋から新幹線で京都へ、

楽しかった乗り鉄の旅も終わりました。

乗り鉄の旅 信州編は、これで終わりです。
読み続けて下さった方々 コメントを下さった方々 ありがとうございました。

2016年11月 1日 (火)

乗り鉄の旅 小海線

乗り鉄の旅の続きです。

野辺山駅で、小海線に乗って、小淵沢へ行きます。

野辺山駅の次は、清里です。

野辺山駅と清里駅の中間に、JR最高地点があります。

野辺山駅を出ますと、右側に道路が並行しています。

この道路が、レンタルサイクルで走った道路です。

野辺山駅から、JR最高地点までの動画を写しましたので見て下さい。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »