フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« ビルはどのくらいの高さまで? | トップページ | 日曜散歩~快晴 »

2016年12月24日 (土)

電波障害の対処

Photo

本「超高層ビルの”なぜ”を科学する」の最終回です。

今日の話題は、「電波障害にどう対処する?」です。

超高層ビルは、テレビ電波を邪魔する嫌われ者なのです。

電波障害については、電波がビルに反射して起こる反射障害とビルが電波をさえぎってしまう遮蔽(しゃへい)障害とがあります。

テレビ画像が二重になるとか、ブーストが出るというのは反射障害です。
これは、テレビの電波がビルに反射して乱れるために起こります。

反射障害の対策としては、電波が反射しないように電波を吸収する材料を外壁に貼ります。

一方、ビルが電波をさえぎる遮蔽障害が起こると、ビルの影になった地域に電波が届かなくなるので、テレビが映りにくくなります。

これを改善するには、ビルに電波の中継設備をつけて、ここで一旦電波を受信し、再配信する方法があります。

今後予想される200メートル級の超高層ビルが林立する状況では、関東一円に電波を送信するには、その2倍以上の高さから発信することが必要です。

そこで「東京スカイツリー」が建設されたのです。(上の画像)

« ビルはどのくらいの高さまで? | トップページ | 日曜散歩~快晴 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67526/64666767

この記事へのトラックバック一覧です: 電波障害の対処:

« ビルはどのくらいの高さまで? | トップページ | 日曜散歩~快晴 »