フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 2016年10月9日 - 2016年10月15日 | トップページ | 2016年10月23日 - 2016年10月29日 »

2016年10月16日 - 2016年10月22日

2016年10月22日 (土)

乗り鉄の旅 篠ノ井~小諸~野辺山

Dscf8715

Dscf8716

乗り鉄の旅の続きです。

姨捨駅から篠ノ井駅へ戻って、ここで「しなの鉄道」に乗り換えて、小諸(こもろ)まで行きました。

Dscf8717
上の写真は、小諸駅のプラットホームですが、人がほとんどいなくて、さみしい駅です。

Dscf8719
この駅で、JR小海線に乗り換えます。

Dscf8718
小淵沢行の電車に乗ります。

Dscf8721

Dscf8722
上の写真は、車窓より見た沿線の看板です。

小諸からノロノロ電車で2時間かかって、野辺山駅に着きました。

Dscf8723
プラットホームに、「JR最高駅」の標識が立っています。
標高は、123・・・の2が抜けた数字です。
偶然とは言え、憶えやすい数字ですね。coldsweats01

Dscf8730

Dscf8731
これが野辺山駅舎です。

変な形ですね。

Dscf8729

Dscf8728
夕方、今夜の旅館に到着しました。

2016年10月21日 (金)

乗り鉄の旅 姨捨駅 スイッチバック

姨捨(おばすて)駅で「日本三大車窓」など充分楽しんだ後、帰りの電車を待ちました。

次の予定は、篠ノ井駅へ行って、しなの鉄道に乗り換えます。

1時間に1本の電車がやっときましたので乗りました。

篠ノ井駅は前方なので、電車は当然前へ進むと思ってカメラをかまえていましたが、バックしました。

「エッ~!」どうなっているのだろう?

しばらくバックして、右端の線路に入って停車しました。

停車してしばらくしますと、ガタンと音がして、信号が赤から青に変わり、電車は前へ動き出しました。

なるほど!スイッチバックだ!

この駅は、日本三大車窓とスイッチバックで有名なのですが、スイッチバックが体験できるとは思っていませんでしたので、大感動!

スイッチバックの様子は、下の動画を見て下さい。

2年前、九州の肥薩線でスイッチバックを体験していますが、この時は運転手が前から後ろに移動してからバックしましたが、今回は運転手は前に座ったままでバックしました。

ところ変われば、やり方も変わるのかなぁ・・・coldsweats01

2016年10月20日 (木)

病院の検査

Dscf1475

病院の検査を受ける日なので、朝一番、病院へ出かけました。

私にとっては、朝一番のつもりですが、早くも病院は順番待ちの人でいっぱいです。

3カ月ぶりの病院ですが、なんだか久しぶりの感じがしました。

検査の後、いつもの通り7階でコーヒーを飲んで、写真を写しました。

上の写真は、阿武山方向の写真です。

Dscf1476
上の写真は、以前、山の中腹にクレーンが林立していたところですが、建物はほぼ出来上がったようです。

Dscf1477
上の写真は、JRの新駅ができるところで、クレーンが沢山立っています。

Dscf1478
こちらのクレーンは、図書館の近くの物流センターの建設現場です。

Dscf1479
上の写真は、高槻駅前の高層ビルです。

Dscf1480
病院の7階では、朝礼をしておられました。coldsweats01

2016年10月19日 (水)

乗り鉄の旅 姨捨駅②

Dscf8694

姨捨駅のいろいろを紹介します。

上の写真は、ホームの標識板です。
緑色の線は、この駅でスイッチバックが行われることを表しています。

この駅でのスイッチバックの様子は、後日、動画で紹介します。

Dscf8695
上は、ホームの案内板です。

この駅の近くで、「田毎(たごと)の月」が見られます。
田毎の月というのは、棚田の1つ1つに月が映る様子を言います。
「田ごとに月が見える」と言うことですね。

小さい棚田の1つ1つに月が映っている様は美しいでしょうね。

Dscf8697
姨捨駅舎です。
写真を写している私の後ろが林で、その木漏れ日が駅舎に映っています。

Dscf8707
ホーム側から見た駅舎です。

Dscf8701

Dscf8702
お急ぎでない方は、姨捨山の民話を読んで下さい。coldsweats01

Dscf8708
展望用のいすがホームにあります。

Dscf8698
右は、時刻表です。
1時間に1本あるかないかの少なさです。

Dscf8703
この駅で、スイッチバックが行われますので、線路は複雑な形をしています。

Dscf8709
スイッチバックした電車がホームの下を走っています。

Dscf8710
ホームから見た千曲川です。

2016年10月18日 (火)

乗り鉄の旅 姨捨駅①

Dscf8682


Dscf8683

長野駅で篠ノ井線に乗り換えて、30分で姨捨(おばすて)駅に着きました。

この駅から見る絶景が、日本三大車窓の1つで、それを見たくてここまで来ましたが、私の想像していた景色とは少し違っていました。

期待外れでした。

下の写真は、絶景を右から少しづつ左へずらして写しました。

Dscf8688

Dscf8689

Dscf8690

Dscf8691

Dscf8692_2

Dscf8693

上の6枚の写真をパノラマにしました。

Dscf8688_2

長野盆地が見渡せて、9つの駅が見えるそうです。

2枚目、3枚目に見えている川は、千曲川です。



2016年10月17日 (月)

乗り鉄の旅 篠ノ井線

長野駅で新幹線を降りて、篠ノ井(しののい)線に乗り換えて、姨捨(おばすて)駅へ向かいました。

到着予定時間より10分以上早く「次はおばすて・・・」という車内アナウンスがあり「予定より早く着くんだなぁ・・・」と思っていますと、駅の手前で対向列車の通過を待ちますと言うことで停車したままです。

姨捨駅は、「日本三大車窓」と「スイッチバック」で有名な駅です。

早くもスイッチバックが見られるのか!と期待しましたが、対向列車が通過すると、そのまま発車して、予定時刻に姨捨駅に着きました。

その様子を動画で見て下さい。

こちら(信州)の電車のドアーは、乗り降りするときにボタンを押さないとドアーが開きません。

こんなことには慣れていませんので、ドアーが開くのを待っていて、後ろの人が笑いながらボタンを押して下さったことが2度ほどありました。coldsweats01

明日は、姨捨駅の「日本三大車窓」を紹介します。

2016年10月16日 (日)

日曜散歩~秋晴れ

Dscf1463

暑くもなく寒くもなく気持ちのいい朝、日曜散歩に出かけました。

Dscf1472
一片の雲もない秋晴れです。

Dscf1469
しばらく見なかったカモが、北の方からやってきたようです。

Dscf1471
こちらのカモさんは、丸々と太っています。coldsweats01

Dscf1473
堤防の上に、可憐な赤い花が咲いていました。

Img_0393
先週の日曜散歩と同じように、スマホのアプリ「ポケット旅行記」で記録しました。

Img_0394
散歩の終点の部分(紫色の四角で囲った部分)を拡大しました。
公園の中で、一休みした様子が記録されています。

最初に、暑くもなく寒くもなくと書きましたが、散歩している途中から暑くなってきて、汗だくで帰って来ました。think

« 2016年10月9日 - 2016年10月15日 | トップページ | 2016年10月23日 - 2016年10月29日 »