フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 当分休みます | トップページ | 弁天さん花火(1) »

2017年8月 6日 (日)

「バベルの塔」展

Cimg9990

大阪中之島にある国立国際美術館で開催中の「バベルの塔」展を観てきました。

Cimg9971
上の写真は、美術館の入り口で、展示室は地下3階にあります。

天まで届く塔を作ろうとしたものの、神の怒りに触れて中断し、おまけに互いの言葉が通じなくなってしまったという旧約聖書の物語を、ブリューゲルという画家が描いた大作です。

Cimg9985
ウィーンの美術館にある作品(上の写真)と、

Cimg9983
ロッテルダムの美術館にある作品(上の写真)との2点のバベルの塔があるのですが、今回はロッテルダムの方が日本へ来ました。(写真は、雑誌「芸術新潮」より借りました)

Cimg9984
作品をよく見ると、蟻のような小さな人々が塔の建設工事をしています。その細かい描写には驚かされました。

Cimg9968

Cimg9969
また、日本の漫画家の大友克洋氏が、バベルの塔の内部を細かく描いた作品も展示してありました。こちらもすごい作品です。

Cimg9986
ガラス玉の中に入ったバベルの塔のおみやげを買って帰りました。coldsweats01

« 当分休みます | トップページ | 弁天さん花火(1) »

コメント

O先生、ブログの再開をして頂き有難うございます。

バベルの塔は旧約聖書の物語の架空の建物ですか?
あまりにスケールが大きくて、想像力が高まり
ロマンがありますね~!

これからもいろいろな記事を楽しみにしています。
よろしくお願いします ヽ(^。^)ノ

ブログ再開ありがとう
私もバベルの塔に行きました ネーデルランドの細密画は凄いと思いました。 実物大拡大で塔の大きさが迫りました。
ボスの日本初公開の2点の絵も良かったです。

rosyさん
shinkoさん
コメントありがとうございます。
絵の中の米粒大の人物の身長を170cmで計算すると
塔の高さは、500mを超えるそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67526/65629451

この記事へのトラックバック一覧です: 「バベルの塔」展:

« 当分休みます | トップページ | 弁天さん花火(1) »