フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 「失われた近代建築」Ⅱ(続) | トップページ | 新しい美術館 »

2018年5月16日 (水)

「失われた近代建築」Ⅱ(続々)

Cimg9957

「失われた近代建築」の続きです。

老朽化などの理由で、壊された立派な建築が沢山あります。

上の写真は、蜂須賀正韶(まさあき)侯爵邸の食堂の窓です。
窓の上部のステンドグラスの美しさに感心します。
Cimg9956
上の写真は、同邸のホールです。
しかし、この立派な邸宅も今はありません。

Cimg9958
上の写真は、阪急百貨店のホールです。

Cimg9959

このホールの突き当りの上部に鳳凰と馬と獅子と麒麟のモザイク画があります。
この原画を描いたのは、建築家の伊東忠太です。
建物の設計は、他の人で、忠太は壁画だけを描いたのです。

« 「失われた近代建築」Ⅱ(続) | トップページ | 新しい美術館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67526/66725837

この記事へのトラックバック一覧です: 「失われた近代建築」Ⅱ(続々):

« 「失われた近代建築」Ⅱ(続) | トップページ | 新しい美術館 »