フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 大阪モダン建築 | トップページ | OB会 会報 »

2019年11月 5日 (火)

東京儚夢

Cimg1210

図書館で「東京儚夢(ぼうむ)」という本を借りてきました。

本の話が続きますが、面白い本だったので紹介します。

建物の壁に銅板を貼ったいわゆる「看板建築」の写真集です。

関東大震災で、多くの木造住宅が焼失しましたが、その後、銅板貼りの住宅がどんどん建つようになりました。

B29の爆撃で、東京は焦土と化しましたが、一部の銅板建築は残りました。

この本は、著者が写した銅板建築の写真を集めた本ですが、著者の文章も載っていて、面白い文章でした。

というのは、著者が2才の時、母に背負われて勝鬨橋の近くの建物に入って、リンゴを1つ貰って、両手でしっかり握って帰ってきたことを覚えているそうです。

他人に話すと、みんなが「2歳の頃の記憶はないはずだ」というそうですが、お母さんに聞くと、そんなこともあったそうです。

« 大阪モダン建築 | トップページ | OB会 会報 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪モダン建築 | トップページ | OB会 会報 »