フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

年末のお礼

今年もいよいよ今日一日となりました。

今年も「ボラパソ日記」を読んでいただき、ありがとうございました。

また、来年もよろしくお願いしまチュ~チュ~🐱

2019年12月30日 (月)

お煮しめつくり

Cimg1335

毎年、今日は「男子厨房に入る日」です。

毎年、お煮しめを作る日です。

圧力なべで煮込みますので、あっと言う間にできます。

後は、鏡餅を飾って、お飾りをかければ、今年の仕事は終わりです。

2019年12月29日 (日)

日曜散歩~今年最後

1330

雲一つない大快晴の朝、日曜散歩に出かけました。
今年最後の日曜散歩です。

1332
川面は、青い空を映して青く染まっています。

1333

1334
河川敷へ行く途中の新屋神社に「歳旦祭」の表示が立っていました。

「歳旦祭」って?
調べてみますと、「歳旦祭(さいたんさい)は、戦前の祝祭日の中の皇室祭祀令に基づく小祭の一つ。現在では新暦1月1日に宮中三殿で行われる年始を祝う祭祀である。」そうです。 

2019年12月28日 (土)

ガラケイ

Cimg1326

ガラケイの修理ができましたとのメールが来ましたので、Yモバイルへ貰いに行きました。

店のオープンはAM11:00なので、近くのカフェで時間待ちをしました。

ここのカフェの名物は、「つぶあんモーニングトーストセットです。

Cimg1329
もう1つの名物は、コーヒーカップの底に「大吉」と書いてあれば、もう一杯コーヒーがもらえます。

私は今まで「大吉」が出たことはないので、隣のおじさんに聞いてみると、「何回もでたよ」との返事でした。
「本当?」

Cimg1328
私は、今日も「凶」(無印)でした。😖

11時にYモバイルへ行くと、修理ができたガラケイをもらえました。

2019年12月27日 (金)

日食(続)

Cimg1323

昨日の日食は、残念ながら大阪では曇天で見られませんでした。

午前11時ごろ、雲の隙間から太陽がうっすらと見えましたので、期待して太陽をにらんでいましたが、ついに顔を出しませんでした。

NHKニュース(アプリ)を見ますと、沖縄那覇と奄美大島から中継をしていましたので、それを見ていましたが、沖縄も曇りがちで、中継は途中で切れてしまいました。

上の画像は、1:54の沖縄の画像です。

続けてみていましたが、悪天候のためか?画像が流れてきませんでしたので、奄美大島の方を見ました。

Cimg1324

上の画像は、2:37の奄美大島の画像です。

2019年12月26日 (木)

日食

Photo_20191225170501

今日(12/26)の午後、部分日食が見られます。
あいにくの曇天ですが、うす曇を通して、太陽が見えるかも・・・

Photo_20191225170702

14:20ごろに始まって、15:30ごろに食の最大となり、16:30ごろに終わります。

Photo_20191225170502
上の画像は、グアムでの日食の予想シュミレーションです。

次の日食は、来年の6月にあり、その後はしばらくないようです。

2019年12月25日 (水)

日本の城(1)

Photo_20191225124201

図書館で「日本の城」という本を借りてきました。

詳しくわかりやすく書かれたいい本です。

へぇ~と思ったことが書いてありましたので紹介します。

『天守や石垣を備えた城は、桃山時代から江戸時代に築かれた近世の城であって、軍事構造物でありながら、血に塗られた歴史をもっていないことである。それ以前の中世の城には、籠城や落城の悲話がつきものであるが、近世の城は、信長・秀吉・家康の天下統一によって誕生しており、豊臣大阪城の落城や明治維新の戊辰戦争などを除けば、実戦に供されたことがない。日本の城が美しいのは、その高度な芸術性とともに、流血のない清らかな歴史を持つからと断言したい』

へぇ~ そうなんだ・・・

2019年12月24日 (火)

塗り絵(2)

9192

昨日の塗り絵の続きです。

下絵はできたのですが、色塗りは別のソフトが必要です。

圧縮されているソフトをダウンロードして、解凍するのに手間がかかります。
上の画像のソフトを入れました。

9191

やっとソフトが使えるようになって、下絵に色塗りを始めましたが、これが又、ややこしくて困りました。

慣れるまでチョッと時間がかかりそうなので色塗りは、暇なときにゆっくりやります。

2019年12月23日 (月)

塗り絵(1)

Cimg0919_20191223120301

パソコン雑誌に、「塗り絵」のソフトが載っていましたので、「塗り絵の下絵を作ろう」というソフトをインストールしました。

薬師寺を見学したときの写真(上の画像)をソフトに入れますと、下の画像ような下絵ができました。

919

このソフトは、下絵を作るだけで色塗りは別のソフトがいるようです。

別のソフトは、明日インストールして、色塗りは明日の仕事とします。

2019年12月22日 (日)

日曜散歩~曇天

1314
曇天で今にも降り出しそうなうっとしい朝、日曜散歩に出かけました。

1315
静かな川面に対岸の風景がきれいに写っていました。

1317
アーチ橋の上にアオサギと白さぎが仲良く止まっていました。

2019年12月21日 (土)

大聖堂物語(11)

Photo_20191221124201
 放蕩息子のステンドグラスの続きです。

上の画像は、5枚目のステンドグラスです。
旅を続ける放蕩息子。
昨日の4枚目の馬と色が異なっていますが、この頃のステンドグラスでは、背景の色がデザイン上決められているので、赤のままでは馬の形がわかりにくくなってしまうため色を変えているそうです。

Photo_20191221124101
上の画像は、6枚目のステンドグラスです。
2人の娼婦が、娼館の前で出迎えています。

物語は、ますます面白くなりますが、このステンドグラスは、30枚まで続きますので、とても全部を紹介できませんので、紹介は今日で終わります。

13世紀の頃に、このような立派なステンドグラスが作られたことに驚きます。

2019年12月20日 (金)

大聖堂物語(10)

Photo_20191220125401

シャトル大聖堂のステンドグラスの話の続きです。

上の画像は「放蕩息子のたとえ話」のステンドグラスの3枚目です。

牛飼いの仕事をする兄が、財産を分け与える様子を眺めているところです。

Photo_20191220125402
上の画像は、4枚目のステンドグラスです。

馬に乗り、供の者と旅に出かける放蕩息子を表しています。

2019年12月19日 (木)

大聖堂物語(9)

Photo_20191219113501

12月13日のステンドグラスの話の続きです。

シャトル大聖堂のステンドグラスの「放蕩息子のたとえ話」の1枚目のステンドグラスの説明です。

1枚目のステンドグラスは、上の画像ですが、放蕩息子が父親に財産の分与を要求する場面です。

Photo_20191219113901 
2枚目のステンドグラスは、上の画像です。

父親は放蕩息子に財産を分け与えます。

息子は、左手に金貨を持ち、右手に金でできた器を持っています。

2019年12月18日 (水)

泉の広場

Cimg1291

先日の忘年会は、梅田東通りのふぐ屋さんで行いました。

梅田東通りは、学生時代に毎日通学に通っていた道なので、懐かしい道です。

この道の近くに「泉の広場」というのがあって、それが最近、リニューアルされたと報道されました。

どのようにリニューアルされたのだろうと、忘年会に行く前に見に行きました。
その時、写したのが上の写真です。

そのあと、忘年会に行くと、同級生はみんな「泉の広場」を見に行ったというので大笑いでした。
みなさん 暇だから報道はよく見たり聞いたりしているようです。

Photo_20191218140801
上の地図は、「泉の広場」を示しました。

「泉の広場」のリニューアル前など詳しくは、こちら を見て下さい。

2019年12月17日 (火)

ガラケイ(続)

1304

昨日の続きで、ガラケイを直してもらいにYモバイルに行きました。

今日の担当者は、昨日より詳しく調べて、機器の故障ですからメーカーに送って修理してもらいますとのことでした。

メーカーに送る前に、データをすべて消しますので大変です。

そして代替機をもらいました。

いつ修理ができるか?その費用は?
まだ全くわかりません。

Yモバイルの近くにジョーシン電器があって、以前はこの店によく行っていましたが、国道171号線沿いに新しい店ができましたので、この店はどうなったのだろう?と思って、見に行きました。

上の写真のように、店舗を閉鎖して、そのままになっていました。

2019年12月16日 (月)

ガラケイ

1305

スマホとガラケイを使っていますが、ガラケイから電話の発信ができなくなりましたので、Yモバイルへ修理の依頼に行きました。

スマホ屋さんは、すごく混んでいて、ネットで予約しないとダメになっています。

予約して、直してもらいに行きました。

店員さんが中のカードを出して、布でゴシゴシすると直りました。
接触不良でしたとの説明です。

店でガラケイから電話をかけると繋がりました。

ところが、家に帰ってかげると、又、以前の状態でかかりません。

また、予約して明日直しに行きます。😞

2019年12月15日 (日)

日曜散歩~水鳥

Cimg1297

いい天気の冬にしては暖かい朝、日曜散歩に出かけました。

Cimg1299
ユリカモメが飛来しています。

Cimg1301
白さぎの群れの中を、川鵜(右端)が水しぶきをたてて飛び立っていきました。

2019年12月14日 (土)

忘年会

今日は、大学の同級生の忘年会です。

午後から夜遅くまでワイワイ言っていますので、ブログは休ませていただきます。

場所は、毎年同じ東梅田の玄品ふぐです。

2019年12月13日 (金)

大聖堂物語(8)

Cimg1286

ステンドグラスの話の続きです。

シャルトル大聖堂には「放蕩息子のたとえ話」というステンドグラスがあります。

その話は、ある父親に二人の息子がいました。
兄は、まじめな性格で、父の家に残り仕事を手伝っていました。

反対に弟はいい加減な性格で、父親がまだ生きているのに遺産を受け取り、娼婦の館にこもったり、博打にふけったりして、放蕩の限りを尽くし、全財産を残らず使い果たしてしまう。

無一文になり、身ぐるみはがされた彼は見知らぬ地で雇われ、豚を飼って暮らすが、豚の餌のいなご豆さえ口にできない貧しい生活を送ります。

最後に、謝罪して父のもとへ戻る決心をします。
父は喜んで彼を出迎え、宴会を開きます。

父のもとでまじめに仕事を続けた兄は面白くなく、父に反論します。

これに対して、父は「この息子は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから」と論するのでした。

明日からは、この物語のステンドグラスを見ながら説明します。

 

2019年12月12日 (木)

大聖堂物語(7)

Cimg1290

教会といえばステンドグラスですね。
今日からはステンドグラスの面白い話が続きます。

ステンドグラスは、ゴシック時代以前からありましたが、13世紀になって技術の発展により、それまでとは全く異なる新しい表現手段として生まれ変わりました。

今までは、壁画を描く部分を大きくとろうとすれば、窓が小さくなり暗くて画面が見えにくくなりましたが、ステンドグラスであればいくら大きくても問題はありません。

「読み書きのできない人々のための聖書」としてステンドグラスが使われました。

シャルトル大聖堂の「放蕩息子のたとえ話」というステンドグラスがこの本に載っていますので明日以降紹介します。

2019年12月11日 (水)

大聖堂物語(6)続

Cimg1283

大聖堂物語を書いている途中で、パソコンが不調になり、「ガーゴイル」が中断しました。

「ガーゴイル」というのは、上の写真のように、教会堂の上部に取り付き、下を通る人々をにらみつけている変な怪物です。

Cimg1284

これは雨水の排水口です。

Cimg1285

排水をなるべく遠くに落とすために、ガーゴイルは大きく突出し、それがゴシック建築の外観を特徴づけています。

2019年12月10日 (火)

今日の出来事

Avaaz1

昨日はパソコンが不調で困っていましたが、いろいろやっているうちに直りました。
ヤレヤレです。😃

いろいろ試みても直らなかったのですが、電源ボタンを長押ししてシャットダウンしますと直ったのです。
参考にして下さい・・・参考にならないかぁ~😃

やっとメールが読めるようになって、メールを読んでいますと、「最終警告」という表題のメールが届いていました。

最終警告?なんだ?

ネットでいろんな危ないサイトを見ていますので、時々、こんなメールが届きます。

慣れて?いますので、別に驚きません。
開いてみると、Avaazからのまじめなメールです。

Avaazというのは、いろいろの問題が起こったときに、それを解決する署名を集める機関です。

今回は、地球温暖化で最終警告を発して、署名を集めています。
私も急いで署名を送りましたが、「あなたは、すでに署名済みです」と返ってきました。
以前に署名をしていたようです。

Avaaz2

この機関から、署名や意見をCOP25の日本代表の小泉環境相に届けてくれることになっています。
火力発電所をどんどん増設して、CO2をどんどん排出している日本は恥ずかしい限りです。

2019年12月 9日 (月)

大聖堂物語(6)

大聖堂物語(6)を書く予定でしたが、いつも使っているパソコンの調子が悪くて、古いパソコンで書いていますが、こちらに写真を入れていませんので、今日のブログは、休ませていただきます。😞

今日の記事は、「ガーゴイル」を書く予定でしたが、後日紹介します。

 

2019年12月 8日 (日)

日曜散歩~陸に上がったカモ

1277
雲は多いですが、よく晴れた朝、日曜散歩に出かけました。

1275  
 風もなく水面は、静かにただよっています。

1279

1282
小春日和のおだやかな川べりで、カモたちが朝ごはんを食べていました。

2019年12月 7日 (土)

大聖堂物語(5)

Cimg1273

大聖堂を建てた建築家のことは、「中世の建築家」という項目で詳しく書いてありますので、抜粋します。

『中世の建築家の名前はあまり知られてないが、そのことは彼らが無名であったということを意味しない。人々の大きな期待を担って建てられた壮麗な大聖堂の建築家が、無名であったはずがない。彼らの人間像を教えてくれる資料が少ないだけなのである』

『建築家とは、建物を設計し、その実現のために責任をもって工事を追行する人物のことをいう。中世の建築家が現代の建築家と大きく異なるのは、彼らは何よりまず石工としての修業を積み、その棟梁として豊富な経験を有していたことである。』

『中世では、建築家(アーキテクト)という言葉は使われず、彼らはマスター(棟梁)と呼ばれていた。(中世の建築家について、まだまだ詳しい説明が続きますが、省略します)』

上の画像の右は、中世の建築家です。

2019年12月 6日 (金)

大聖堂物語(4)

Cimg1272

大聖堂を建てる話を今日から数日続けます。

大聖堂の建設期間は、何百年もかかったと言われていますが、例えばケルン大聖堂は1248年に工事が始まり、1880年に完成しましたので、632年かかったことになりますが、途中工事が中断していた時期がありましたので、実際の工事期間は350年です。

これは、大聖堂の工期としては例外的な長さで、ほとんどの大聖堂は100年に満たない工期で完成しています。

上の図は、15世紀の写本に載っている建設の様子です。
このような様子で、石を刻んでいきますので、時間がかかります。

明日は、大聖堂を建てた建築家の話です。

2019年12月 5日 (木)

大聖堂物語(3)

Cimg1266

大聖堂物語の続きです。

ゴシック時代の建築家は、大聖堂の高さに非常な情熱を注ぎました。

ゴシック最初の大聖堂サンス(1140年ごろ建設)の高さは、24メートルでした。(上の左端の図)

1163年に工事の始まったパリ大聖堂(ノートルダム)は、32メートルで、ヨーロッパ最大となりました。(上の図 右から2つ目)

Cimg1267
その後、上の図のように次々と高い大聖堂が建てられ、ついに限界と言われる48メートルのボーヴェー大聖堂がたてられました。(上の図 右端)

この大聖堂には、12階建てのビルがすっぽりと収まる大きさでした。

しかし、これらの巨大な建築の支柱は驚くほどほっそりとしており、現代の鉄筋コンクリート建築と比べても決してひけをとらない軽快さです。

これらの建築が石を積み上げて作られていることを考えると、支柱と壁の軽量性はほとんど奇跡に見えます。😵



2019年12月 4日 (水)

インフルエンザ予防接種

Cimg1269

午前中は、家族と買い物に行って、午後はインフルエンザの予防接種に行きましたので、ブログを書く暇がなく、「大聖堂物語」を続ける予定がダメになりました。

Cimg1271

インフルエンザの予防接種は、いつも高血圧症を診てもらっている病院へ行きますので、大混雑で半日が無駄になりました。

2019年12月 3日 (火)

大聖堂物語(2)

12641
今朝、団地の中を通り抜けると、イチョウ並木が朝日に照らされて、輝いていましたので自転車を止めてカメラを向けましたが、写した写真を見ると、な~んだ・・・という写真です。😞

1265
今日のブログは、昨日の話の続きで、「大聖堂物語」という本から「これは!」という部分を抜粋します。

『大聖堂というのは、大きな聖堂、あるいは大きな教会堂と誤解されるが、大聖堂をあらわすフランス語のカテドラルは、ラテン語のカテドラに由来し、カテドラとは司教の座る椅子、すなわち司教座のことである。

司教座の置かれている教会堂を大聖堂というのである。』

ということで、この本は司教がそれぞれの区域に配置されていることなど、ローマ教会のしきたりが詳しく説明されています。

大聖堂とは、そういう意味だったとは驚きました。

 

 

2019年12月 2日 (月)

大聖堂物語(1)

1260

図書館で「大聖堂物語」という本を借りてきました。

美しい聖堂の写真を眺めるつもりで借りてきましたけど、読んでいて大変面白い本なので紹介します。

聖堂の建て方、設計から完成まで詳しく説明してあります。

昔の聖堂は、石造なのです。
石を積み上げて、高い高い大聖堂を作るのですから、その物語は大変面白いです。

昔の人は、崇高な美へのあくなき欲求があり、大聖堂を立て替える強い欲求があり、しばしば建て替えられたそうです。

建て替えるにしても、建物が古くなってないと再建に反対する人がいますので、困っているときにタイミングよく火災が起こって建て替えることになるそうです。

例えばパリのノートルダムは、建てられてから70年しかたっていないのに取り壊して再建しました…と書いてあるのを読んで、「え~っ!」と思って、この本の発行日を見ますと、2000年7月初版発行と書いてありました。

なんだか?謎を含んだ本ですね。

もっと面白いことがいろいろ書いてありますので、続いて紹介します。

2019年12月 1日 (日)

日曜散歩~ラジオ

1259

快晴の朝、日曜散歩に出かけました。

出かけるころは、少し寒かったのですが、だんだん温かくなってきて、快適な散歩日和です。

いつも散歩の間は、イヤホンでラジオを聞いています。

聞いている番組は、「日曜討論」です。

各党の人が出てきて、政治問題を話ます。

各党の言いたいことを言うだけで、全然討論になっていません。

時々、討論をしようとする人が発言しますが、NHKの司会者が討論を止めます。

「日曜討論」という番組ですが、討論のない番組で、面白くありません。😖
1258

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »