フォト

お月さん


  • CURRENT MOON
    moon phase
無料ブログはココログ

カウンター


« とんど焼き | トップページ | 建築展(2) »

2020年1月16日 (木)

建築展(1)

1404

「インポッシブル・アーキテクチャー 建築家たちの夢」という展覧会が開かれていますので、大阪の国際美術館へ観に行きました。

計画や設計はできたのですが、実際に建てられなかった建築が沢山あります。

それらの模型や設計図が沢山展示されています。

1400
上の写真は、国際美術館の外観ですが、美術館は地下3階に作ってあります。

展示品の中で、ブルーノ・タウトの生駒山の上に田園都市を計画した図面があり、面白く見ました。
昭和8年に、近鉄が依頼して計画されたそうです。

Photo_20200116165701
展示の中で、最も素晴らしいのは、ザハ・ハディド氏の東京オリンピック競技場です。
大きな模型が展示されていて、「これはインポッシブル・アーキテクチャーではなく、建築できる建物です。6,000枚の図面ができていて、建設できる状態でしたが、予算が合わないということでインポッシブルとなりました。どんな小さな建物でも予算が合わないことはままありますが、それらを克服して建てるのが建築です。日本のオリンピック協会の無力、怠慢等々の結果です」と言うようなことが書いてありました。

私も、この建物が建てられなかったことを非常に残念に思います。

« とんど焼き | トップページ | 建築展(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とんど焼き | トップページ | 建築展(2) »